情報には送り手と受け手がいます。立場が違うので、同じ情報でも扱い方や受け止め方が異なるのは当然です。情報の発信側である場合が多い企業広報ですが、その情報に不安や疑念を抱く、受け手の視点を念頭に置いておくことも大切です。

「100点取ってきたよ」に母親の反応は? ※画像はイメージ(画像提供:hanapon1002/Shutterstock.com)
「100点取ってきたよ」に母親の反応は? ※画像はイメージ(画像提供:hanapon1002/Shutterstock.com)

プレスリリースは“自己中心的”な文書だけど

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐって、さまざまな情報が飛び交っています。接種自体は義務ではなく個人の判断に委ねられていますが、副作用などについては報道に振り回されてしまうこともあるでしょう。今回の“ワクチン報道”を通じて、自分が詳しくない分野の情報を受け取ったとき、人は過敏に反応してしまうものなのだと、情報を発信する側の広報として勉強になっています。

 特に重要な情報に関しては、報道だけで判断せずに情報の発信源(1次ソース)を探し出して、事実関係を確認する癖をつけておくべきです。ワクチンに関しては、厚生労働省のホームページにある「新型コロナワクチンについて」がとても参考になりましたので、一度アクセスしてみてください。ここでは英オックスフォード大学がまとめた「世界各国の新型コロナワクチンの接種人数や接種率」といったデータも確認できますから、日本の置かれている状況を把握するのにも役立つでしょう。

 とはいえ、1次ソースのURLを紹介するだけでは記事や番組にはなりません。1次ソースの情報を懇切丁寧に説明するのも手ですが、だらだら紹介しても読者や視聴者から「で、ポイントは何なんだよ!!」と文句を言われそうです。

 そこで膨大な情報の中からニュース性がありそうな「テーマ」を絞ることになります。これはプレスリリースでも同様です。ただプレスリリースも情報として完璧ではありません。端的に言えば、「うちの企業(製品)はこんなにすごいんだぜ」と伝えるための資料ですから、わざわざできないことや不利なことを書いたりはしません。マスコミの記者はプレスリリースがそういうものだと分かっているので、その分、情報を割り引いて受け取ります。業界全体における立ち位置を盛り込むこともありますが、それはその情報を入れたほうが自社のすごさが伝わりやすいからです。

 プレスリリースは「極めて自己中心的な文書だ」と思われるかもしれません。ただ補足すると、だからこそプレスリリースに入れ込む客観的事実を盛るようなことがあると、その後信じてもらえなくなってしまうのです。

 こうしたプレスリリースやそれを基に書かれる記事の裏側を知ると、何か情報を得た際に、情報の出所や取捨された情報の有無を確認する癖が抜けなくなります。