経営者にとって初めての新製品や新サービスの発表会はいわば晴れ舞台。しかし、素晴らしい製品、そして完璧なプレゼンだったにもかかわらず、記者たちの冷めた反応に「どこか悪い点があったかな?」と首をかしげるかもしれません。そんな“新米経営者”の方に向けた、広報からのアドバイスです。

完璧なプレゼン。しかし残念ながら記者会見ではこうはなりません ※画像はイメージ(画像提供:Dervish45/Shutterstock.com)
完璧なプレゼン。しかし残念ながら記者会見ではこうはなりません ※画像はイメージ(画像提供:Dervish45/Shutterstock.com)

「聞くこと」ではなく「書くこと」が目的の特殊な聴衆

 経営者になって初めての記者会見。記念すべき「晴れの舞台」といってよいかと思います。堂々としたステージ上での振る舞い、大舞台にふさわしいとっておきの新製品のお披露目。バッチリ決まってプレゼンテーションを終えると、客席からは万雷の拍手……と思いきや、水を打ったように静まり返った客席。パソコンのキーを打つパチパチという音だけがかすかに聞こえてきます。

 「あれ、このサプライズは聞いてなかったな。メジャーリーグでよくある『サイレントトリートメント(ホームランを打ったバッターがベンチに帰ってきても誰も祝福しないイタズラ)』ってやつ?」

 いえいえ、そうではありません。経営者になるような人ですから、皆さん大体優秀な人です。「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」というように、恐らく子供のころから大勢の前でスピーチをしたり、あるいはピアノの発表会や大学のゼミで演奏やプレゼンをしたりしてきたと思います。こうした発表のたびに、客席からは温かい拍手を浴びてきたのではないかと想像します。演奏後にパソコンのキーボードの打鍵音しかしないピアノの演奏会など、経験したことはないと思います。しかしこれは記者会見ではごく当たり前の風景です。

 記者会見で拍手がないのには2つ理由があります。まず聴衆である記者は「聞くこと」ではなく「書くこと」が目的なのです。つまり聞いて終わりのコンサートやスピーチ大会ではなく、もうプレゼンの最中から自分自身のアウトプットつまり「記事」に向けて仕事が始まっているのです。拍手をしている暇などないということです。

 もう1つ、もっと大切なこととして、記者からすると取材対象に拍手をすることには抵抗があるようです。別にあなたの会社を褒めたたえるために、われわれは集まっているんじゃありません、必要があれば批判もしますよ、という報道の中立性から拍手をしたくないわけです。

 たまに客席の後ろのほうからパチパチパチッと、やや必死に盛り上げようという勢いを感じる拍手が聞こえることがありますが、これはあまり記者会見に慣れていない広告代理店さんの運営のスタッフが手をたたいていると思ってまず間違いないです。

 ここで経営者の方にまず意識してもらいたいのは、「拍手がなくてもへこまない」こと。もう1つは、プレゼンでは「いかに聞かせるか」ではなく「いかに書かせるか」です。例えば動物園のトラのようにステージ上をグルグルと歩きまわる格好よさにこだわるよりも、オープニングやクロージングのキーワードが記事の見出しになることを意識して、インパクトのあるフレーズを考えておくほうがいいでしょう。

 初めての発表会、プレゼンや質疑応答を終えて会がお開きになると、もう1つの“サプライズ”が待っている場合があります。