新聞やネットニュースに自分の会社にとって都合の悪い記事が載った日は、広報担当者としては気が重いもの。上司から「何だこの記事は!」と怒られでもしたら、書いた記者を少し恨んでしまうかもしれません。メディアの記者たちは本当に意地が悪いですね、って本当にそうでしょうか。

何なのこの記事は! あの記者、許さない ※画像はイメージ(画像提供:Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com)
何なのこの記事は! あの記者、許さない ※画像はイメージ(画像提供:Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com)

意地の悪い記者はめったにいない

 私は「メンタル強いよねぇ~」とよく言われるのですが、そのたびに(自然と鍛えられたのだ。もともとは、か弱かったはずだ)と自分では思っています。もちろん、周囲からどう思われているかは、とりあえず置いといて。

 広報はメディアと上司や事業担当者との板挟みになることも多く、へこんだり、やり場のない憤りを感じたりすることが日常的にあります。これから広報の職に初めて就く方もいらっしゃるかもしれませんので、メディアの方と接するうえでの心の持ちようについて書いてみようと思います。

 広報の仕事をしていると、メディアの人たちに対して「意地悪な記事を書くからイヤだ」と思うことがあるかもしれません。学校や会社の人間関係で「意地悪をされた」という感覚を抱くこともあるでしょう。しかし企業広報とメディアという関係性においては、“意地悪”というのはあまりしっくりこない表現です。

 これまでの仕事の中で、意地の悪い記者と遭遇することもありましたが、それはとてもまれです。とは言え、たとえファクトベースであっても何かしら会社に不都合な記事が掲載され、上司や会社の偉い人から「この記事を止められないようでは、広報を置いている意味がない」とか「なぜ、こんな記事を書かせたんだ」と八つ当たりをされたときなどは、(意地悪だなあ……)と思いたくなるものです。

 不都合な記事が出た際に、企業の当事者はメディアにいじめられた、おとしめられた、と感じる方がいます。しかし私の知っている限り、最初からそんな目的で記事を書くようなメディアはまずありません。その企業が困るかもしれないと気をもんで、掲載前に連絡をくださる記者さんもいるくらいですから。もちろん何かしら問題を起こしてしまった場合は別ですが、最初からというのはないと思います。

 こんなとき、普段メディアとやり取りをしていない企業の当事者が被害者のように感じることがあったとしても、広報担当者は当事者の感情に流されず、メディアの立場を冷静に分析して対応するように心がけたいものです。