映画やドラマの中で、よく知っている企業の製品を見かけることがあります。「プロダクトプレイスメント」という定番のマーケティング手法ですが、製品を貸し出す企業にとってはどれくらい効果があるか迷うもの。しかし、あからさまながら巧みに取り入れる韓国ドラマを見ていると、広報として「アリ」という思いが湧き上がってきます。

プロダクトプレイスメントとはいえ、ちょっとやりすぎ? ※画像はイメージ(画像提供:GoodStudio/Shutterstock.com)
プロダクトプレイスメントとはいえ、ちょっとやりすぎ? ※画像はイメージ(画像提供:GoodStudio/Shutterstock.com)

映画やドラマからの製品貸し出し依頼

 韓国エンタメにハマっていると前回の記事で書いた通り、Netflixなどの動画のサブスクサービスにも大変お世話になっており、時間さえあれば韓流ドラマを見ています(関連記事:韓流エンタメに“沼落ち”した広報が、BTSから学んだファン心理)。韓流ドラマの楽しみ方はいくつもあるのですが、そのうちの1つは出演者がおいしそうに食事をする(通称:モッパン)のシーン。そしてもう1つは、物欲を刺激してくる小道具の数々。そこで今回は、広報の立場からドラマや映画などへの商品貸し出しについて紹介しましょう。

 大企業の広報であれば、映画やテレビドラマの制作会社から製品の貸し出しを依頼(無償)されるのは日常茶飯事でしょう。監督や制作者サイドが作品中にどうしても“アレ”を使いたいという要望があったりします。このような場合、制作者サイドとしてはどうにかして無償で貸してほしいと考えるものです。当然、レンタル業者に依頼すればお金がかかりますから。

 一方、製品を貸し出す企業側としては、放送もされていないテレビ番組や映画のタイトルだけで貸し出してマーケティング効果があるのか、貸し出すべきなのかどうかを判断しなければなりません。貸し出し依頼を受け取った時点で出演者が確定していないこともありますし、貸出期間も長く、貸出機の数も限られていて、お断りすることもあるでしょう。映画やドラマの中でちらっと映るものの、最後のトレーラーに企業や商品のロゴが入るだけで、果たしてどれほどの効果があるのでしょうか。そうした理由で、事業部門に一蹴されてお断りしたことは何度もあります。

 昔は貸し出した映画やドラマで露出して終わりでした。しかし、現在はインターネット上にドラマや映画で使われた小物や洋服などをまとめたサイトがいくつも存在します。演者のファンやドラマを見て気になった人が、お客様になり得ることを念頭に置いてもいいでしょう。

 面白いもので“全く違った角度”から話が入ってくることもあります。いわゆる「プロダクトプレイスメント」を請け負っている代理店から、広告出稿の一環として「貸し出しをしないか?」と話が来るケースです。言うまでもなく、プロダクトプレイスメントとは映画やドラマの劇中で、実在する企業の製品やサービスを使った、昔からある広告手法です。同じ製品の貸し出しでも、無償とお金を払うのとでは大違い。驚きますよね。