プレゼンテーションでは企業のメッセージを分かりやすく正確に伝えることが重要。しかし日本では下手なプレゼンでも、聞き手が頑張って相手の意図をくみ取ろうとします。これではすべての人に正しい情報が伝わるとは限りません。大切なのはプレゼンのメッセージが「贈り物」であるということです。

あなたのプレゼンは正しく相手に伝わっていますか? ※画像はイメージ(画像提供:Gorodenkoff/Shutterstock.com)
あなたのプレゼンは正しく相手に伝わっていますか? ※画像はイメージ(画像提供:Gorodenkoff/Shutterstock.com)

心に刻まれた孫正義氏の講演

 ニュース番組では、発表会で企業トップの行ったプレゼンテーションのシーンが、ほんの数秒だけ放送されるのをよく目にします。そのプレゼンをじっくり見ている人は、いったいどれくらいいるのでしょうか。よほど興味のある企業でもない限り、そこまで真剣に見ないのが普通だと思います。

 恥ずかしながら、私は数年前まで競合企業が行う発表会のプレゼンに、さほど興味はありませんでした。自分の仕事を回すことに精いっぱいで、そもそも見る必要すら感じていなかったのです。プレゼンは話す人や担当者がつくればいいと考えていました。しかし、フリーランスになって色々な会社の広報活動を研究しているうちに、「広報もプレゼンについて学んでおくべきだ」と思うようになりました。

 そこでメディアの方にプレゼンが上手な経営者について質問をするようになりました。やはりさまざまな分野の企業トップのプレゼンを、たくさん見聞きしているメディアの方ですから。

 私の担当領域はデジタル系なのでよく名前が挙がるのは、予想通り米アップルの故スティーブ・ジョブズ氏。日本人ではソフトバンクグループの孫正義会長兼社長です。幸運なことに、私ははるか昔、孫さんの話を直接伺える機会に恵まれました。東京商工会議所のイベントで孫さんが自身の新刊について話されたのですが、「誰もが実現不可能と思えるような新しい事業を手掛け、それを成功させる方法」についての講演は、20年たった今でもしっかり心に刻まれています。パワポの資料などはなく、身ぶり手ぶりと熱のこもった話し方に引き込まれ、思わずウルっときました。

 一方のジョブズ氏から直接話を伺える機会はありませんでしたが、メディアの方が集まったときに「スティーブは、何年にこんな話をしていたよね」という話を耳にすることがあります。そうした場に居合わせると、インパクトのあるジョブズ氏のメッセージが報道されただけでなく、そのプレゼンは何年たっても色あせることなく語り継がれ、やがて今日のような強固なブランドへとつながったのだろうなあ……と広報パーソンとしては思うわけです。

 実は数年前から、私の友人でもあり企業にプレゼンを指導されている齋藤礼子さんに、効果的なプレゼンの方法について教わっています。彼女によると、「プレゼンテーション」とは話を受け取った方に何かを「プレゼント」して、「行動を起こさせる」ものだそうです。孫さんやジョブズ氏のプレゼンはメディアの人間や大衆の心を動かし、商品やサービスの購入へとつなげ、さらにそのメッセージが与えた印象が長い間記憶に残るのですから、素晴らしい贈り物を届ける最高のプレゼンターと言えるでしょう。