画面が折り畳めるパソコンとして注目のレノボ「ThinkPad X1 Fold」。会社肝煎りの製品だけに、広報としては影響力のあるテレビや全国紙に取り上げてもらいたいのが本音でしょう。しかし筆者の鈴木正義氏は、小さな媒体の1本の記事が大きなメディアを動かすことを知っていました。

筆者の鈴木正義氏ご自慢の、レノボ「ThinkPad X1 Fold」(画像提供/レノボ・ジャパン)
筆者の鈴木正義氏ご自慢の、レノボ「ThinkPad X1 Fold」(画像提供/レノボ・ジャパン)

「あり得ない動き」にテレビが反応した

 前回書いた通り、レノボの「ThinkPad X1 Fold」という新製品を2020年9月に発表しました。この製品は13.3インチの画面を持つパソコンですが、その画面が2つに折り畳めてコンパクトに持ち運べる、なかなか画期的な製品です。

 いろいろ悩んで発表にこぎ着けたところ、おかげで様々なメディアに取り上げていただきました。まず反応したのは、やはりテクノロジー製品なのでオンラインメディア、特にIT系の専門媒体はガッツリと熱い記事を書いてくださいました。

 次に食いついてくれたのは意外にもテレビでした。本来テレビニュースの枠は競争が激しいうえ、パソコンのようなコモディティー化した商品をテレビで取り上げるのは「きつい」のです。それでもテレビが食いついてくれた1つの要因は、製品に「動きがある」からだと分析しています。

 毎回好きなことばかり書いているこのコラムですが、「スキルアップ」のタグも付けていただいているので、たまにはまともなことを書きますと、テレビでニュースになるにはどれだけすごいかに加え、「面白い映像」があるかないかが重要です。面白い形、動き、あるいはリポーターがいじってカメラの前でどういうリアクションがとれるか。こうした「テレビ的である」ことが、その製品をテレビで取り上げてもらえるかどうかのかなり重要なポイントです。

 その点ThinkPad X1 Foldは、本来曲がってはいけないパソコンの画面が折れ曲がるという、あり得ないような動きをするので、いかにもテレビ向きです。加えて「世界初」「日本人が開発」といった話題性もそろっていたので、内心「これはテレビいける」と思っていました。

 案の定、2つのキー局から連絡があり、発表当日の夜のニュースで取り上げていただきました。さらに予定外にも、両局の朝の番組でもそれぞれ放送されました。テレビ局というのは放送された番組を見て、「これ面白いからウチもやろう」という判断をすることがあります。朝の2つの番組も、恐らく前日の放送を見て「ウチもやろう」という判断をしてもらったのだと思います。いわば「ニュースがニュースを生んだ」わけです。

 このニュースがニュースを生むという現象、何もテレビ番組同士だけで発生するものではありません。私自身、視聴者数ではテレビには及ばないものの、影響力を持つ媒体の記事が、やがて全国版のメディアへの露出につながったことを何度となく目撃したことがあります。

 2000年代、「デジタルARENA」というWebメディアの中に、「iPod情報局」というブログメディアがありました。規模は小さいながらも、恐らくiPodに関する情報では一番詳しい媒体だったと思います。そこで取り上げられた情報が、たくさんの新聞、テレビニュースの発信源になっていました(ちなみにそのブログメディアを出していたのは、他ならぬ日経BPだったりします)。

 このニュースが次々と連鎖していくのが、斜面を転がる雪玉がどんどん大きくなる現象に似ていることから、私は「スノーボール現象」と呼び、それを意図して行うことを「スノーボール作戦」などと勝手に命名していました。

 そして、ThinkPad X1 Foldにもまさに、この現象が起きました。