新型コロナウイルス感染拡大で国や企業の「広報力」が問われています。情報発信の方法を誤れば、国民や消費者の不満が爆発しかねません。今回は筆者の遠藤眞代氏が、娘の通う学童保育が遭遇するかもしれないリスクを回避すべく、持ち前の広報スキルを活用した(?)出来事の顛末(てんまつ)です。

先生、このデータを見てください。万全の対策をとらないと、こんな恐ろしいことに…… ※画像はイメージです(写真提供:Fast&Slow/PIXTA)
先生、このデータを見てください。万全の対策をとらないと、こんな恐ろしいことに…… ※画像はイメージです(写真提供:Fast&Slow/PIXTA)

広報スキルで、学童保育のリスクを抑えたい

 「広報」という職業病を患う母親は、実はさらにに重い疾患を抱えていた(関連記事「広報という職業病を患う母親とその娘が遭遇した『白いもの』騒動」)。

 病名:「おせっかい」

 この疾患は年を重ねれば重ねるほど病状が悪化するうえ、つける薬もない。ところがその母親は“病”を隠そうともせず、むしろ「広報の業務には、おせっかいは必要。私は素のままでいく」と開き直っている。そんな態度が災いしたのか、新型コロナウイルス騒動の中、母親は娘の放課後児童クラブ(学童保育)に行った際に、職業病だけでなく重度の疾患を発症してしまったのだ。

 娘がお世話になっている学童保育は、公立ではなくある企業が経営している。その母親は学校の宿題を丸投げしたくてそこに決めたようだ。娘は既に高学年だが、第二の家として、長年そこに通っている。

 おしゃべり好きな母親は、娘のお迎えに行くたびに先生と話し込む。ひとたび広報パーソンが患う職業病が発症すると、娘などそっちのけで学童保育の仕事について内容を事細かにリサーチする。時には人生相談に乗ったつもりで、先生の背景情報についても根掘り葉掘り……。

 突然、新型コロナ感染拡大で小学校の休校が決まった。学童保育は原則開所とのことだったが、その母親は娘の施設は民間経営のため、感染リスクを考えれば開所の継続は難しいと見ていた。しかし先生の「こんなときだからこそ、学童保育を続けるべきだ」という話を聞き、母親はその高い志に涙腺が緩んだ。「いくら仕事だとしても、高給だったとしても、自分には絶対にできない」と思った。

 広報スキルが奏功し、日ごろから先生とのコミュニケーションが密だったこともあり、母親はその学童保育における新型コロナ対策をある程度把握していた。正直これ以上の対応は求められないと感じるほど、よく考えられた内容だった。

 先生方は通常業務に加え、手洗い、除菌、空気の入れ替えなど、いつも以上に忙しく働いている。それでも広報という職業病を患っている母親からすると、「小学生」「感染」「クラスター」などパワーワードのオンパレードで、寒気を覚えるほどの企業リスクが頭をよぎった。母親は万一の場合、少なくとも娘が通う学童保育の先生方が最小限の被害で済むよう、現場でできる考えられる限りの広報的な「守り」と「保険」の術を伝えたくなった。

 母親の「おせっかい」が発症した。