新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、鈴木正義氏が兼務しているレノボの広報から「テレワークスタートガイド」なるものが公開され、一部で話題となりました。今回はこの一件に関し、同氏が広報としてどのように判断し、社内がどう動いたかについて裏側を明かしてもらいました。

新型コロナウイルスでテレワークが注目を浴びている。しかし、いざ導入となると、その方法が分からず右往左往する事態に…… ※画像はイメージです(写真:drawing-of.eu/Shutterstock.com)
新型コロナウイルスでテレワークが注目を浴びている。しかし、いざ導入となると、その方法が分からず右往左往する事態に…… ※画像はイメージです(写真:drawing-of.eu/Shutterstock.com)

“新型コロナ騒動”、レノボができることって?

 もともとレノボは自身がパソコンメーカーということもあり、テレワークに対してはかなり先進的な考え方を持った会社です。そのため働き方改革の視点からテレワークを推進したいというユーザー企業から相談を受けることが多く、正直営業的なメリットもあるので、日ごろからセミナーやプレゼンを行っていました。

 そうした中、2020年2月10日前後だったでしょうか、新型コロナウイルスの影響が大きく話題になってきたとき、私の近くの席に座るマーケティング担当が「テレワークスタートガイド」なる資料を廃棄していました。

 「あれ、こんなもの作ったんだ」
 「そうなんですよ。でもコロナのせいで、セミナー中止で無駄になっちゃって……」

 「ふーん」と言って、何気なくその冊子を手に取ってその場は終わりました。この状況の社内は、手洗いやマスクの励行、各自の判断でテレワークを行うようにという、やや“緩い指示”の段階にありました。

 実はこの頃から、社長はじめ幹部から「今回の件で会社としてできることはないのか、広報として考えてほしい」というお題をもらっていました。しかし、まだ全社でテレワークをしているとも言えず、空騒ぎのような情報発信をすれば売名行為とも受け取られかねません。逡巡(しゅんじゅん)する日々が続いていました。

 ところが3連休明けの2月25日、政府から「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が発表されると事態は急展開します。各種イベントの中止や延期が相次ぎ、会社としても「可能な限りテレワーク」という指示のメールが全社員に送信されました。帰りの電車、夕食の間もずっと考えていたところ、あのガイドブックを思い出しました。ここからは時間軸に沿ってどんなやり取りだったのかを追ってみます。