言うまでもなく広報パーソンも一人の人間。子供の父親であったり、母親であったりします。しかし、仕事を離れた日常生活でも広報パーソンならでは“職業病”が発症してしまうことがあります。今回はある日遭遇した45分間の出来事です。その“病”が発症してしまいました。

髪の毛に付いた「白いもの」の正体は…… ※画像はイメージです(写真提供:teresa/PIXTA)
髪の毛に付いた「白いもの」の正体は…… ※画像はイメージです(写真提供:teresa/PIXTA)

娘からの連絡、髪に付いた「白いもの」

 ある日の午後4時23分――。母親がカレーを作りながら自宅で仕事をしていると、突然、スマートフォンに連絡が入った。

 「今日病院に行きたい」という娘からの一報。母親は「また階段から転がり落ちたのか?」「熱を出したのか?」、それとも「花粉症で鼻水が止まらないのか?」と想像し得るすべての可能性を頭の中で想定する。

 「なぜ病院に行きたいのか?」という母親の問いに対して、10歳になる娘の答えは以下のようなものだった。

  • 学校の帰りに友人が自分(娘)の髪の毛に「白いもの」を発見した。
  • 友達に取ってもらったがまだ残っている。
  • 自分では確認ができないが、不安だから病院に行って確認をしたい。

 これを聞いた母親は、娘に対して多くの質問を浴びせかける。

  • 「白いもの」を発見したのは具体的に誰なのか。
  • 「白いもの」の正体は具体的に何だという話になっているのか。
  • 学校の先生はその「白いもの」の正体を確認したのか。
  • 自分自身の目で「白いもの」を確認したのか。
  • 「白いもの」の大きさや形状などの特徴は。
  • あなたの他に髪の毛に「白いもの」が付いているという人はいたのか。
  • 校内で「白いもの」は話題になっていたのか。
  • その「白いもの」に触った人はいるのか。
  • かゆいのか。かゆいとすればいつからかゆいのか。頻度は……。

 正確な情報を整理できずイライラする母親。炒め始めたばかりの豚肉を鍋に残し、ガス台の火を消して、直接話を聞くべく学童保育(学童)に向かうために車のキーを手に取る。

 午後4時38分――。母親は行きつけの病院の受付終了時刻が迫っていることに気づき、電話をする。残念ながら受付時間が午後4時半までとの回答を得る。さらに母親は、プロ主婦の母(娘の祖母)に電話。かつて髪の毛に付く「白いもの」を見たことがあるか質問する。シャンプーでの対応もあるらしいが、やはり病院に行ったほうがいいだろうとアドバイスをもらう。

 午後4時40分頃――。他の病院(混んでいて時間がかかると想定できたので、避けたかった)へ行くことに決め、母親は車を走らせ、娘のピックアップのために学童に向かう。