プレスリリースのドラフトが一発で通ることなどほとんどないでしょう。チェックする複数の担当者の手で真っ赤になった原稿を前に、むかっときたり、情けなくなったりすることなど日常茶飯事。それでも広報は最終着地点に向かって突き進まなくてはなりません。

広報の怒りと悲しみが交錯するプレスリリース案に対する赤字 ※写真はイメージです(イラスト:studiostoks/Shutterstock.com)
広報の怒りと悲しみが交錯するプレスリリース案に対する赤字 ※写真はイメージです(イラスト:studiostoks/Shutterstock.com)

「ドラフト」よりも「たたき台」がいいワケ

 プレスリリースの書き方は本やセミナーなどで学べます。伝えたいことをまとめてマニュアル通り書けば、完璧と思えるものができるのに、なぜかプレスリリースの初稿がそのまま最終稿になったことはない。かくいう私もそうです。数百本も書いているのに……。

 大変なのはプレスリリースを書くこと自体ではなく、あちこちから入ってくる加筆修正やコメントをまとめること。経営者が広報を兼務していれば別ですが、普通は初稿を投げた後に膨大な赤字が入り、ぐちゃぐちゃになる。それを皆さんの意向を踏まえながら整理整頓する。そんな作業を何回か繰り返してやっと最終稿が出来上がります。当然、関係者が増えれば増えるほど大変で、手間もかかるし気も使います。

 完璧なリリースを初稿で仕上げてやろうと意気込み、何日もかけて一生懸命書いたプレスリリースが真っ赤になると、怒りと悲しみがこみ上げてきます。なぜか人格まで全否定された気になる。私などは跡形もなくなって戻ってくることに耐えられず、「なぜこういう直しを入れたのか?」と食ってかかって険悪なムードをつくる。そんな不毛なバトルを数え切れないほど経験してきました。ああ、恥ずかしい。

 プレスリリース執筆の“百本ノック”をこなしていくと、次第に文章の好みや思い入れ、立場などによって入れられるコメントに過剰反応しないようになります。そうなってから私は初稿を「ドラフト(草稿)」ではなく、「たたき台」と呼ぶようになりました。

 心理的なものだと思いますが、「ドラフト」より「たたき台」として提出したほうが受け取り手からの攻撃は弱まります。「ドラフト」の場合、相手は修正しなきゃという使命感にかられるのではないでしょうか。一方「たたき台」にすると意見を出してくださいね、といった「一緒に作りあげましょう感」が醸し出される。意見をいただくことを前提にした「覚悟」を相手に見せることは、思った以上に有効です。

 たたき台を見て初めて伝えたいことを思いつく人も少なくありません。私がよく使う手は、相手の思い入れが強そうな部分はファクトベースでシンプルに書いておき、そこに赤字で入れてもらうやり方です。そうした箇所は、どうせ赤字を入れられるのですから。