1日に大量に送られてくるプレスリリース。独自に実施したアンケート調査では「読まれるのはせいぜい10通」という結果に。それでも「読まれるリリース」は確実に存在します。現在はメールでの配信が主流ですが、記者や編集者は何を手掛かりに「読む」「読まない」を判別しているのでしょうか。

記者や編集者に開いてもらえるプレスリリースメールはどこが違うのか…… ※写真はイメージです(写真:Rawpixel.com/Shutterstock.com)
記者や編集者に開いてもらえるプレスリリースメールはどこが違うのか…… ※写真はイメージです(写真:Rawpixel.com/Shutterstock.com)

FAX中心の時代より簡潔な情報が求められる

 書店で山ほどある本の中から“ある1冊”を手にするきっかけといえば、やはり「タイトル」。もちろんウェブの世界でも、記事のタイトルは選ばれるためのトリガーになります。ニュースサイトの中には記事を読んでもらう手法として、タイトルやページ内の一部を変えたAパターンとBパターンを用意し、人気のあるほうを残す「ABテスト」を実施している媒体もあるとか。キラリとセンスの光るタイトルをひねり出すのは、プロフェッショナルでも至難の業なのでしょう。

 以前「読まれるのはせいぜい10通、プレスリリース受難の時代」で書いたように、膨大に届くプレスリリースの中から実際に読んでもらえるものは本当に少ない。情報発信する側は、読ませる工夫が不可欠です。少なくとも「広報のプロ」である以上、その高いハードルから逃げるわけにはいきません。

 でも安心してください。同じような内容の文章でもプレスリリースと記事は全く違います。作家になる素質を持ち合わせていなくても、プレスリリースを立派に成立させることは可能です。中には情緒的で美しい随筆のようなフレーズがちりばめられたプレスリリースもあります。しかし記者向けの資料という性質上、プレスリリースは説明文としての機能をしっかり果たすことが最優先です。それを踏まえた上で、タイトルにも配慮する必要があります。

 FAXがメインだった頃のプレスリリースは、「1ページで完結させること」が重視されました。もちろん今でも伝えたい内容を簡潔にまとめるのは重要です。ところが現在主流のメールの場合、相手への負担が少なく、すぐに理解してもらえるレベルの情報量はFAX時代の1ページよりも少なくなっています。メールなら紙と違ってたくさん情報を盛り込めると思っているなら、それは大きな“誤解”かもしれません。今や忙しい記者や編集者に読んでもらうためには、わずか「78文字」で勝負する必要があるのです。