テレビ取材は注目度が高くなることが多いので、広報としても腕の見せどころです。それなりのスタッフ数と高価な機材を動かしますから、相手は「狙った絵」が撮れるかどうか事前に探りを入れてきます。そこですり合わせがうまくいけばいいですが、何の前触れもなくフラっと現れたら冷や汗をかくことも。

欲しい絵が決まっているテレビの取材を止めるのは非常に難しい ※写真はイメージです(写真:daykung/Shutterstock.com)
欲しい絵が決まっているテレビの取材を止めるのは非常に難しい ※写真はイメージです(写真:daykung/Shutterstock.com)

カメラマンの怒号にドキっ!

 「おい、前のカメラ、邪魔だよ!」

 私たちが暮らす日常で、ここまでストレートに怒鳴られている人に遭遇することはまずないかと思います。しかしちょっと混乱した取材現場では、テレビとそれ以外の記者の間では、たまにこうしたエキサイトしたやり取りになってしまうことがあります。

 テレビ取材の入った発表会、一見すると華やかな場で登壇する幹部もホクホク、今晩のニュースが楽しみ……というのは正直なところです。ところがこれをウェブや紙媒体の記者の視点で見ると、カメラクルーがいつまでもブツ撮りのコーナーを占拠しているし、場合によっては別の場所に新製品を持っていってしまう、ちょっと困った存在であったりします。

 一方、テレビ取材陣からすると、局に戻って編集の段階でアレを撮っていません、コレのアングルは押さえていませんでした、となるとかなり気まずいことになります。それだけは避けたいので、後で取捨選択できるよう念入りに物撮りをしておこうとなります。

 また会見後の「囲み取材」などでは、どうしても大型機材を使うテレビは一番後ろになってしまいます。そのカメラの前に割り込んで「見切れてしまう(関係ない裏方の人物がテレビカメラに写ってしまうこと)」、とまるまるその部分の映像が使えなくなってしまいますから、それがたび重なると冒頭のような怒号になるわけです。

「テレビは別枠扱い」が最良の方法

 一口にテレビといってもいろいろな取材チームがいます。報道局経済部、報道とは別に独自に取材班を出してくる大型ニュース番組、生活情報番組内で芸能ニュースを専門に追う「芸能班」というチームなど、それぞれ違った狙いで撮影に来ます。必ずしも我々広報が撮ってほしいシナリオで撮ってくれるとは限らないのです。

 特に芸能人の登場する発表会に来たチームが芸能班の場合、新製品にはあまり興味がなく、むしろタレントさんの登場はいつなのか、囲み取材はできるのかということが最優先です。正直製品発表をする広報からすると、「気持ちは分かりますが、もっと新製品を撮影してくださいよ……」と言いたくなることがこの方たちにとっては本業だったりしますので、いつまでもタレントの出番を伝えなければ、怒り出す人も出るわけです。

 結局こうしたトラブルを避ける最良の方法は「テレビを別枠扱いする」ということになります。例えば会場オープンより前の時間帯にテレビカメラだけ先に会場へ入れて、存分にブツ撮りをしてもらいます。「だったら俺たちも入れてくれ!」というクレームが他の記者からくるように思うかもしれませんが、混乱を回避したいのは誰もが同じなので、こうすることで結構丸く収まります。

 ただ動画コンテンツ全盛の昨今、海外の発表会などではウェブニュースでもムービーカメラを持ち込み、製品を独占して長々と撮影して、周囲の他の記者がイライラしている様子を見ることがあります。数が限られていたから可能だったテレビカメラの特別対応も、ムービーカメラの数が増えてくると近い将来さばき切れなくなるのではないかと、ちょっと不安です。

 しかし、実はテレビ取材対応で広報が難しいのはこうした現場の仕切りではなく、その前の電話でのやり取りなのです。