マスコミの記者や編集者に自分の顔と名前を覚えてもらうのは、広報担当者にとって非常に大切です。しかし相手は数多くの広報や取材相手と日々顔を合わせています。自分を印象づけるにはどうすればいいのか。広報は記者から「ご指名」がもらえる日を待ちわびているのです。

「はぁ、はぁ……」と息を切らして記者のオフィスを訪問するのには理由があるのです (イラスト:KEIGO YASUDA/Shutterstock.com)
「はぁ、はぁ……」と息を切らして記者のオフィスを訪問するのには理由があるのです (イラスト:KEIGO YASUDA/Shutterstock.com)

(わざと)息を切らしていた姿が印象的?

 「はぁ、はぁって息を切らしながらオフィスに入ってくるのはエンちゃんくらいだったよ」――。先日、15年以上前から知っている記者さんにそんなことを言われました。

 「えー、そうでしたっけ。本当に息が上がっていたんだと思いますよー」と返したのですが、確かに少しオーバーにやっていたかもしれません。当時、その方のオフィスは雑居ビルの4階(多分)で、エレベーターもありませんでした。狭い階段をグルグル回りながら上りきるとオフィスにたどり着きます。東京・大手町の鎌倉橋交差点を中心に経済部の分室が散在している中で、その方のオフィスは鎌倉橋から一番遠かった。ですからそこを訪れるのはいつも最後でした。

 「歩き回ってヘトヘトなのに、エレベーターがないし……。地震が起きたら、絶対このビルは壊れるな。それにしても、歩いても歩いてもたどり着かない。これが終わったらお茶しよう」なんて思いながら、よく階段を上っていました。そうした“邪念”もあって、これ見よがしに「はぁ、はぁ」言っていたのかもしれません。この方法は良いとは思いませんが、おかげで記者さんの印象に残ったようで、顔を覚えていただき、長い付き合いが続いています。

 広報にとって、メディアの人に「顔」「名前」「担当」を覚えていただくのはファーストステップです。私は担当者の数も多い大企業の広報出身でしたから、名前を覚えてもらうのに結構苦労しました。

 特に新聞記者は定期的に異動があります。新任の記者は、10人とか20人もいる広報担当者とのあいさつを強いられます。記憶力に自信のない私はある時、記者はあのような簡単なあいさつで全員の名前を覚えられるのかと疑問を持ちました。そして実際に聞いてみました。

 私:「入れ替わり立ち代わりあいさつされて、全員の名前を覚えられるのですか」

 記者:「覚えられるわけがないでしょう。覚えているのは1人か2人だよ」

 人にもよると思いますが、私なら絶対覚えられません。その話を聞いて以来、記者とあいさつをするときは「私」を覚えていただくための工夫をしています。

・何度も自分の名前を言う
・商品の実物を持参して説明(基本お薦めの商品1つに絞る)
・自分の個人情報を話しながら相手にも同様の質問をする
・あいさつに来ていただいた直後、(他の誰よりも早く)オフィスに出向く

 以上のような単純なことですが、これが結構効果があります。