新製品、決算、謝罪――。広報には様々な発表会や記者会見が待ち構えています。その最後の山場が質疑応答です。記者との真剣勝負の場であり、広報の腕の見せどころといえます。経営幹部が口を滑らせ逃げ出したくなることもありますが、見事乗り切ったときは、心の中でガッツポーズをしているのです。

「はい、そちらの青いジャケットの方。お名前と媒体名を……」 ※画像はイメージです(写真:Fast&Slow/PIXTA)
「はい、そちらの青いジャケットの方。お名前と媒体名を……」 ※画像はイメージです(写真:Fast&Slow/PIXTA)

Q&Aにきちんと目を通してほしいけど……

 「それでは、ここからは質疑応答の時間とさせていただきます。ご質問のある方は挙手くださいますと係の者がマイクを持って伺いますので、お名前、媒体名をおっしゃってからご質問をお願いします」

 この紋切り型の案内を言っているとき、淡々とした調子で発表会を進行しながらも、司会を務める広報担当者の頭の中では、戦いのゴングがカーンと鳴っています。今回は記者会見のハイライト(と筆者が思っている)質疑応答についてです。

 取材をする側としては、一方的な企業の言い分をうのみにした記事を書くわけにもいかず、発表内容に対し疑問をぶつける、時には経営幹部から公式見解を得るため、発表とはあまり関係のない内容であっても質問の手を挙げることがあります。

 一方発表をする側としては、指摘を受けて多くのメディアの前で回答に窮したり、ましてや予定にない幹部の発言で言質をとられてしまい、想定していなかった方向でニュースが大きくなったりするなど、最悪の事態を招くリスクもはらんでいます。質疑応答こそ、広報と記者の真剣勝負の場なのです。

 その際のQ&A(想定問答集)ですが、我々広報は完璧にしたいが故にものすごく長大なものを作ってしまいがちです。ところが経営幹部の方は、基本的に人前で話すことに自信があり、頭の回転も速い人が多く「俺、マスコミ対応は慣れているから、こんな準備しなくてもちゃんと答えるから大丈夫だよ」と言ってくるものです。長大なQ&Aなど、多忙な経営幹部にとってはとてもじゃないが全部に目を通す気にはなれないものです。困ったものです。

 以前、新聞社の記者の方からこんなことを言われました。

 「御社の社長さんはよくメディアトレーニングを受けておられるようで、どの記事でも同じ発言をされていますね。これって正直、記者としてはつまんないんですよね」

 せっかく経営者を直撃してその考え方を聞き出せると思いきや、会社のホームページを朗読するような回答では、取材する側からすると物足りないということです。

 このように考えると「良いQ&A」というのは、長大なボリュームで単にガチガチに守るだけではだめで、頭に入るボリュームで、かつ会見や取材の場にある程度ダイナミックさを残しておかなければならないのです。