広報にとってメディアから取材が入ることは大歓迎ですが、取材を受ける担当者をしっかりサポートする必要があります。取材中、何度も「あっ、それを言っては……」と冷や汗をかくことになりかねません。そうした不安を抱かないで済むよう、きめ細かな取材アテンドが重要です。

ゴホン、ゴホン……。その情報はまだ話してはいけませんよ ※写真はイメージです(写真:Aaron Amat/Shutterstock.com)
ゴホン、ゴホン……。その情報はまだ話してはいけませんよ ※写真はイメージです(写真:Aaron Amat/Shutterstock.com)

「私が書くなら原稿料もらうのが筋ですよ」

 前回の鈴木さんの記事を読んで思い出した、私の原稿確認に関する『やべー話』を一つ(関連記事「『原稿確認させてください』と編集部に言うと何が起きるのか」)。

 ソニーの広報だった私が「編集権」の存在を知って間もなく起きた出来事です。あるメディアから「御社のプレスリリースを参考に作った原稿を確認してください」という依頼が来ました。早速確認すると、スペック表の数字が真っ白ではないですか。私はすぐ先方に電話をしました。

私:「誤記が無いかどうかの確認はもちろんやります。足りない情報も提供します。質問もいくらでもお受けします。リリースも提供していますし、スペック表を埋めるのは、そちらのお仕事かと」

相手:「でも、他の企業さんはやってくださいますよ」

私:(カチン!)「いやいや、他の企業は関係ありません。私が書くなら原稿料をいただくのが筋ですよね」

 ええ、言い過ぎました。分かっていますよ。でも、ひどい原稿でした。後にも先にもあれほどひどい原稿は見たことがありません。しかし自分の書いた記事に全く責任を持たない人がまれにいるのも事実。皆様、どうか気をつけてください。

 そこで今回のテーマは原稿確認に引っ掛けて、その前の広報仕事「取材アテンド」についてです。

 私は取材アテンドの際、「プレッシャーかけてきますね~」とメディア側から言われることがあります。プレッシャーをかけているつもりはなく、取材が楽しすぎて、ワクワクが高まりすぎて「〇〇さんだから、絶対面白い記事にしてくださいますよね。楽しみだね~」と言ってしまうのです。信頼しきっているときにしか出ない言葉ですが、これをプレッシャーとして受け取る記者は、必ずと言っていいほど私の想像を超える面白い記事を書いてくださいます。

 もちろん私も、メディアに対してこちらから原稿を確認させてほしいなんて言いません。百害あって一利なしですから。こう言いたくなるのは、記事がどうなるか不安だからです。100%解消することはできませんが、不安を減らすため、取材アテンド時にできることをいくつかご紹介します。