製品やサービスの開発者にとって、広報パーソンはメディアに対するいわば“代弁者”。しかし当事者ではない故、開発にかける熱い思いを伝えきるのは難しいもの。メディアに売り込むため、なんとか開発者を自分に憑依(ひょうい)させられないものか。それには社内での徹底的な情報収集につきます。

開発者が私に「乗り移る」まで、徹底的にヒアリングを繰り返す ※画像はイメージ(写真:xiangtao/PIXTA)
開発者が私に「乗り移る」まで、徹底的にヒアリングを繰り返す ※画像はイメージ(写真:xiangtao/PIXTA)

「広報として動く」とは

 「遠藤さんのヒアリングはしつこくて、追っかけ回されたから当時は鬱陶しかった」とか、「プレゼン資料を渡したら、とりあえずササッとリリースを書いてくれれば良かったのに……」とか、ある方からソニー広報時代の私について思っていたことを聞かされました。同じような話を数人から言われていますし、元上司にも「お前はしつこい」とよく言われ続けました。

 私は納得できないとプレスリリースも書けないし、動きたくもない面倒なタイプです。現在は多少融通を利かせられるようになりましたが、基本的に頭に浮かんだ疑問符は、全部クリアにするようにしています。

 「広報として動くってなんだ?」って話ですが、私にしてみれば巫女ではありませんが、“担当者を憑依(※イメージです)させて”メディアに売り込むのが、広報として動くです。

 広報のイベントや勉強会などでは、プレスリリースは「記者が記事を書くための資料」と話しています。ですが、プレスリリースをまとめる仕事が「広報として動く」ために最も重要で、それが「事業担当者を憑依させるための重要なプロセス」なのです。

 広報は製品やサービスの当事者ではないのに、代弁しなければなりません。熱量に関しては当事者より確実に低くなります。ですから、開発者が持つ熱量を可能な限り再現するため、いつも憑依させようと思っています。それには担当者の思いや置かれている環境も含め、共感できる水準にまでに持っていく必要があります。つまり「自分ごとにして話せるようにする」わけです。