そこを怠り、「○○誌から取材依頼があった!」と浮かれてほいほい取材を受けると、「俺が言いたかったことが書かれてない」とか、「思ったような記事じゃなかった」という事態を引き起こす可能性があるので、ご注意ください。

 媒体特性をつかみ、自社の台詞を検討するには、記事の“読み方”が大切です。それは記事中の文章を「事実」と「記者や媒体の考えや推測」に切り分けて読むことです。記事の主語の有無と、文章の締めの部分を見れば大体分かります。何度も繰り返して“癖”にしてしまえば、無意識にできるようになるでしょう。

 事実(取材に基づく)は、文章の最後を『~した。』『~だ。』『~する。』『~なっている。』という表現で締めている場合が一般的です。事実を語った文章は、文中の主語と述語が明確に示されているので、分かりやすいのも特徴です。

 一方、記者や媒体側の考えや推測について書かれた文章は、締めに『~注目したい。』『~期待したい。』『~だろう。』『~といえよう。』『~今後の対応が求められている。』という表現がよく見受けられます。この場合、主語が曖昧な場合がほとんどです。

 ちなみに記事中で「事実」として発信されている情報は、「その媒体が事実だと考えて出している」情報のことです。その中で、媒体にとっても企業にとっても間違いなく事実といえる情報が「客観的事実」です。「客観的事実」は数字や個人の発言、いつどこで誰が何を行ったかという事象くらいです。取材対応者のコメントは信頼度の高い「客観的事実」として扱われます。

 広報を担当していない企業の記事を読むとき、一つ一つの文章をタテ・ヨコ・ナナメから観察して、どこから見ても「客観的事実」である情報を見つけ出すのは楽しい作業です。何より広報のスキルアップに大変役立ちます。

プレスリリースと記事との差分を読み解く

 こうした読み方は、取材対応の情報インプット用としてだけでなく、会社のプレスリリースを基に書かれた記事を読み解く場合にも使えます。会社が公式に出した「客観的事実」に対し、各媒体がどのような“味付け”をしているのか、媒体側の独自の意見が加えられているのかなど、プレスリリースとの差分から媒体や書き手の方向性を把握できます。

 広報担当者は媒体概要や特集の方向性に加えて、「事実(客観的事実を含む)」が多めの記事を書いている媒体なのか、「記者や媒体の考えや推測」が多めの記事を書く記者なのか、などを取材対象者に伝えておくといいでしょう。

 すべての記事やニュースの情報を、客観的事実と推測や意見に分けるのは至難の業です。しかし、少なくとも自分が働く業界のニュースは、そうした視点を持って読んでおくと、どのような取材であっても、記事に対する「期待と現実とのギャップ」を最小限に抑えられると思います。