SNSに文章や写真を投稿している人も多いでしょう。使い方と考え方次第ですが、意外にも日々の投稿が広報に必要なスキルを鍛えるのに役立つのです。少し注意しなければなりませんが、ポイントを押さえれば無料で“広報トレーニング”ができます。そのコツをお教えしましょう。

娘のお弁当写真がコミュニケーションのきっかけに(写真/遠藤 眞代)
娘のお弁当写真がコミュニケーションのきっかけに(写真/遠藤 眞代)

SNSでトレーニング可能な4つのスキル

 皆さんSNSはのぞくだけですか。それとも定期的に投稿してますか。「毎日書くことがないし、無理ですよ」と言われることが多いのですが、ささいなことでも構わないので、広報担当者なら定期的に投稿するのがいいでしょう。眺めるだけの方も多そうですが、投稿が広報スキルの訓練につながるのです。しかも無料で。

 SNS活用で鍛えられる広報スキルは以下の4つです。

(1)記者の動向把握
(2)記者と話すためのきっかけ作り
(3)商品やサービスを紹介する客観的視点の養成
(4)記者とのキャッチボール

 残念ながら、人の投稿を眺めているだけでは、(1)くらいしか鍛えられない。これでは宝の持ち腐れです。もったいない。

 それでは細かく説明していきましょう。

(1)記者の動向把握(例えるなら、ストレッチ)

 これは広報担当者の多くが実践していると思います。記者のSNSをフォローすれば、記事の傾向やその人柄が見て取れます。やり取りをチェックすることで、趣味趣向や性格などを知ることもできます。逆もまたしかりですので、気を付けないといけませんが……。

(2)記者と話すためのきっかけ作り(難易度:初級)

 ソニーを辞めた後、フリーランスで広報の仕事をすることになり、一番危機感を抱いたのは『私の広報のやり方は、古臭いものになっているのではないか。後れを取るのではないか』ということでした。それまで多いときは週に数本リリースを出すこともありました。その度に新聞社やウェブメディア、雑誌、評論家、フリーランスライターの方々とコミュニケーションを取っていましたが、これが突如無くなったわけです。知っている方を誘って飲みに行くという方法もありますが、お金も続かないし、子供が小さくて時間が工面できない。発表も大企業ほど頻繁にありませんから、話しかけるきっかけもつかめない。

 そこで始めたのがFacebookへの投稿です。とりあえず「遠藤は生きています」と知らせることを目的に、基本毎日投稿することに決めました。とはいえ、他の人に知らせるニュースなどそうそうありません。毎日変化があるからという理由で、「娘のお弁当」写真の投稿を続けました。

 ある程度続けると、「お弁当いつも見てますよ」とか声を掛けられるようになります。そこからコミュニケーションの糸口を見つけられるようになりました。黙って眺めている方も多いので、「いいね!」の数を気にする必要はありません。1度もいいねをしないのに、「いつも見てるよ」と連絡してくださる方は案外多いのです。