※日経トレンディ 2019年6月号の記事を再構成

2019年の上半期ヒット商品に加え、令和ヒットを予測する特集の2回目は、「食品」を取り上げる。ここ数年の食品ヒットの条件として欠かせない「健康志向」。令和を前に、この流れに変化の兆しが見えてきた。

「悪魔のおにぎり」は依然として人気で、現在もおにぎり棚のなかで存在感ある位置に複数列で並ぶ
「悪魔のおにぎり」は依然として人気で、現在もおにぎり棚のなかで存在感ある位置に複数列で並ぶ

 震源地はコンビニのおにぎり棚。ローソンが18年10月16日に発売した「悪魔のおにぎり」が、発売13日で約265万個という異例の販売スピードで、20年間不動の王者・ツナマヨを抜き去る大番狂わせを起こした。天かすと天つゆを使った「カロリー、糖質、脂質の固まり」(ローソン)で、パッケージでは「やみつき」をうたう、この逆張り戦略が奏功し、「好きなものを好きなだけ食べたい」という人々の欲望を掘り起こした。次いで19年は、吉野家の「超特盛」が1カ月で100万食の大ヒットとなるなど、健康志向の揺り戻しヒットが続く。

列島病み付き!“悪魔級ヒット”がSNSから飛来
【食品】悪魔のおにぎり、牛丼超特盛… 19年上半期&令和ヒット(画像)
悪魔のおにぎり
(ローソン)
 18年夏ごろSNSで話題になった「悪魔のおにぎり」を、「異例のスピード」(ローソン)で18年10月に商品化し、大ヒットにつなげた。消費者が病み付きになる“悪魔的”な味で、累計販売数は4月中旬時点で何と2900万個を突破。「20年間売り上げトップに君臨していた王者ツナマヨを抜いた」(同社)。雑炊やせんべいなど、多数の派生商品も生まれている。
■王者ツナマヨを抜いた
■王者ツナマヨを抜いた
注)ローソン調べによる
これもヒット
「悪魔」の仲間が増殖中
おにぎりにも新種登場
●悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)
●悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)
●マスヤ 悪魔のおにぎりせんべい
●マスヤ 悪魔のおにぎりせんべい
●永谷園 カップ悪魔のぞうすいの素
●永谷園 カップ悪魔のぞうすいの素
発売1カ月で100万食を突破した“欲望グルメ”
【食品】悪魔のおにぎり、牛丼超特盛… 19年上半期&令和ヒット(画像)
超特盛
(吉野家)
 「肉を心置きなく食べたい」。ファンの欲望に応えた吉野家の「超特盛」(税込み780円)が、1カ月で100万食を突破する想定外の大ヒット。牛肉の量が大盛の2倍で1000kcal超と、健康志向の逆を行く新潮流だ。一方で、並盛の4分の3サイズの「小盛」(税込み360円)も1カ月で60万食を突破。
吉野家全店の売り上げも押し上げた
吉野家全店の売り上げも押し上げた
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>