2020年4月10日に劇場公開される、“世界一貧しい大統領”の名で知られるウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領のドキュメンタリー映画を監督したフジテレビの田部井一真氏。実はムヒカの存在が日本で知られたのも、約5年前の『Mr.サンデー』(フジテレビ)の田部井氏の取材がきっかけだという。

 現役テレビ制作者が「伝える技術」を語る本連載。聞き手はNHK『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズなどを企画・制作するNHKエデュケーショナルの佐々木健一氏。今回のゲストは、ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』(4月10日公開)を監督したフジテレビの田部井一真氏。テレビ番組をきっかけにムヒカ来日を実現し、映画化にまで至った約5年間を語り尽くす(全4回)。

佐々木 健一氏(左)
1977年生まれ。早稲田大学卒業後、NHKエデュケーショナル入社。『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズ、『ボクの自学ノート』など特集番組を手がけ、文化庁芸術祭賞やギャラクシー賞、放送文化基金賞、ATP賞など受賞多数。著書に『辞書になった男』(文藝春秋/日本エッセイスト・クラブ賞)、『神は背番号に宿る』(新潮社/ミズノ・スポーツライター賞優秀賞)がある。近著は『「面白い」のつくりかた』(新潮新書)。

田部井一真氏(右)
1983年生まれ。早稲田大学卒業後、2007年にフジテレビ入社。『めざましテレビ』『とくダネ!』『Mr.サンデー』などの情報番組やドキュメンタリー番組を企画・制作。2014年、女性の貧困を追った『刹那を生きる女たち 最後のセーフティーネット』で第23回FNSドキュメンタリー大賞を受賞。2020年、ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』(4月10日公開)を初監督。

ムヒカ大統領を日本に伝えた番組から5年を経て映画化

佐々木 健一(以下、佐々木) 普段、テレビ番組を制作している田部井さんが今回“世界一貧しい大統領”の呼び名で知られるウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領のドキュメンタリー映画を作られた。そもそも、ムヒカの存在が日本で知られたきっかけも、約5年前の『Mr.サンデー』(フジテレビ)の田部井さんの取材なんですよね?

田部井 一真(以下、田部井) 結果的に、すべてはあれから始まったと言えるかもしれないんですけど……。映画化できるとまでは全く考えていませんでした。

佐々木 その経緯を知る人は、ほとんどいないんじゃないかと思います。しかも、日本とすごく縁がある人物だったなんて、この映画を見るまで全く知らなかったです。

田部井 ありがとうございます。

佐々木 日本では絵本(『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』汐文社)など関連書籍もたくさん出版されて、来日したときも大きな話題になりましたけど、その来日にも田部井さんと『Mr.サンデー』のプロデューサー(当時)で今回の映画のプロデューサーでもある濱潤さん(フジテレビ)が関わっていた。そんなこと、誰も知らないんじゃないかと……。

田部井 そうかもしれないです。初めてです、こうやって公にお話しするのは。

佐々木 いや、それはもっと世間に知られたほうがいいですよ。「世界的に有名な人物に便乗した企画」なんて誤解されたら、とんでもない! 試写会で拝見して、この作品の価値がちゃんと世間に伝わったほうがいいと率直に感じました。

田部井 ああ(笑)。それはうれしいです。

佐々木 でも、ややこしいことに、田部井さんの作品とほぼ同時期にムヒカを撮った別なドキュメンタリーが日本で劇場公開されるんですよね?

田部井 はい。先日、妻の実家に帰ったとき、「一真君、映画が公開されるんだね。よかったね~」とスマホを見せられたんですが、もう一つの作品の画像でした(笑)。なかなかこんな偶然はないみたいで……。

佐々木 もう一作が、あの名作『アンダーグラウンド』の巨匠エミール・クストリッツァ監督がムヒカを撮ったドキュメンタリー。タイトルも似ているんです。

田部井 そうなんですよ(笑)。

佐々木 クストリッツァ監督の作品が『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』(3月27日公開)。その2週間後の4月10日に公開されるのが、田部井さんの作品『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』。これ、お客さん、混乱しますよ。「あれ? どっちの映画を見に行ったんだっけ!?」と(笑)。