「『レンタルなんもしない人』のリアルを見せたら、世間のリアクションがものすごかった」。フジテレビ『ザ・ノンフィクション』チーフプロデューサーの西村陽次郎氏が、話題の「レンタルなんもしない人」の新たな一面を描いたドキュメンタリーの制作秘話を語った。

 人の心を動かすアイデアを生み出し、効果的に伝えるには? 現役テレビ番組制作者の技術論に迫る本連載。聞き手はNHK『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズなどを企画・制作するNHKエデュケーショナルの佐々木健一氏。今回のゲストは、フジテレビ『ザ・ノンフィクション』のチーフプロデューサーを務める西村陽次郎氏。これまでに手掛けた番組から、こだわりの仕事論に迫る(全4回)。

佐々木 健一氏(左)
1977年生まれ。早稲田大学卒業後、NHKエデュケーショナル入社。『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズ、『ボクの自学ノート』など特集番組を手掛け、ギャラクシー賞や放送文化基金賞、ATP賞など受賞多数。著書に『辞書になった男』(文芸春秋/日本エッセイスト・クラブ賞)、『神は背番号に宿る』(新潮社/ミズノスポーツライター賞優秀賞)、『雪ぐ人』(NHK出版)がある。新著は『「面白い」のつくりかた』(新潮新書)。

西村 陽次郎氏(右)
1974年生まれ。青山学院大学卒業後、富士銀行を経て、99年にフジテレビジョン入社。ドキュメンタリー、バラエティー、情報番組など幅広いジャンルの企画を立ち上げてきた。現在は『ザ・ノンフィクション』『ワイドナショー』『逮捕の瞬間!警察24時』のプロデューサーを務め、自ら企画した特番『目撃!超逆転スクープ』では総合演出も担う。企画・プロデューサーを務めた『東京 子育て 働く母』でNYフェスティバル銀賞を受賞。

フジテレビっぽくない?『ザ・ノンフィクション』のこじらせP

佐々木 健一(以下、佐々木) 初めて西村さんとお会いしたのは2、3年前ですかね。フジテレビの濱潤さん(当時、『Mr.サンデー』プロデューサー)から、「こじらせている同僚を紹介したい」と言われて……(笑)。

西村 陽次郎(以下、西村) それは、否定はしないですけど(笑)。

佐々木 僕らが勝手にイメージする「フジテレビっぽい感じ」とは違いますよね?

西村 いやいや。でも、確かにチャラチャラはしてないですね。

佐々木 今、西村さんが担当している番組は?

西村 『ザ・ノンフィクション』のチーフプロデューサーです。『ワイドナショー』のプロデューサーも兼務しています。あと、『逮捕の瞬間!警察24時』という特番。自分が企画した特番『目撃!超逆転スクープ』では総合演出もやっています。

佐々木 『ザ・ノンフィクション』の担当になったのは最近ですか?

西村 2019年7月からです。前任のプロデューサーが退社したので。僕はもともと『ザ・ノンフィクション』を担当したくてフジテレビに入社したんです。実は、何年も前から上司に「『ザ・ノンフィクション』のP(プロデューサー)は誰がいいと思う?」と聞かれたら「僕がやりますけど………」と言っていたんですよ。

佐々木 「俺にやらせろ」と(笑)。

西村 でも、「お前はもうちょっと違うところで働け」と言われていたんですけど、ようやく。だから、僕としてはすごくうれしいです。