『家、ついて行ってイイですか?』を手掛けた高橋弘樹氏の師匠である永井宏明氏。高橋氏は著書で「数百カットからなる番組の一カットずつの意味を説明するよう求められた」 と書いています。その永井氏の代表作『空から日本を見てみよう』を分析すると、驚くべき事実が分かりました。

 人の心を動かすアイデアを生み出し、効果的に伝える技術とは? 現役テレビ制作者の流儀に迫る本連載。聞き手はNHK『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズなどを企画・制作するNHKエデュケーショナルの佐々木健一氏。今回のゲストは、『空から日本を見てみよう』『和風総本家』などを企画・プロデュースしてきた永井宏明氏(番組制作会社「ユニット」代表)。その異色の経歴や仕事論に迫る(全4回の2回目)。

<第1回はこちら>

『家、ついて行ってイイですか?』高橋弘樹氏の師匠

佐々木 健一(以下、佐々木) 今回、永井さんにお話を伺おうと思ったきっかけは、『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京)のプロデューサーの高橋弘樹さんなんです。2年ほど前にあるイベントで彼と会ったとき、「僕の師匠は永井宏明さんという人で……」と話し始めて、「えっ、それって俺が知っている永井さん?」と驚いて。改めて高橋さんに永井さんは何を伝授したのか、伺いたいと思ったんです。

永井 宏明(以下、永井) いやいや、そんなに大した伝授じゃないですけど。そうですか、高橋の縁で。ありがとうございます。

佐々木 健一氏(上)
1977年生まれ。早稲田大学卒業後、NHKエデュケーショナル入社。『哲子の部屋』『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズなど特集番組を手がけ、ギャラクシー賞や放送文化基金賞、ATP賞など受賞多数。著書に『辞書になった男』(文藝春秋/日本エッセイスト・クラブ賞)、『神は背番号に宿る』(新潮社/ミズノ・スポーツライター賞優秀賞)、『雪ぐ人』(NHK出版)がある。新著は『「面白い」のつくりかた』(新潮新書)。

永井 宏明氏(下)
1963年生まれ。慶応義塾大学卒業後、博報堂へ入社。その後、テレビ番組制作会社ハウフルス、テレビ東京を経て現在、テレビ番組制作会社「ユニット」を設立。これまでに『空から日本を見てみよう』(テレビ東京/ギャラクシー賞奨励賞)や『和風総本家』(テレビ大阪/テレビ東京系列)『TVチャンピオン』『完成!ドリームハウス』『メデューサの瞳』(テレビ東京)などの番組を企画・プロデュースする。

佐々木 高橋さんの手法や考え方も、かなり永井さんの影響を受けていると思うんです。彼とは最初、どの番組でご一緒されたんですか?

永井 高橋がテレビ東京に入ったとき、私も関わっていた『TVチャンピオン』にADとして配属されていました。

佐々木 高橋さんの本(『TVディレクターの演出術─物事の魅力を引き出す方法』ちくま新書)にも書いていましたが、テレ東って、新入社員が制作プロダクションにADとして出向させられることがあるんですよね?

永井 『TVチャンピオン』は制作会社2社が現場で動いている体制で作られていたんですけど、新人は現場の最前線で鍛えたほうがいいということで、制作会社に出向させてもらって常駐でADをやっていました。

佐々木 キー局の新入社員がADとして制作会社に出向するのは、テレビ東京ぐらいじゃないですか。

永井 『TVチャンピオン』は、新人教育機能も持っていたんですね。私は中途採用でテレビ東京に入ったとき、たまたまこの番組に入れていただいて、何年かたった頃に高橋が入社してきたんです。その後、何年間か違う番組に行って、『空から日本を見てみよう』を始めるときにまた一緒にやることになったんです。

佐々木 高橋さんが書かれた本のあとがきに、「ある空を飛ぶ番組では、今でも私淑するプロデューサーに、数百カットからなる番組の一カットずつの意味を説明するよう求められるという薫陶を受けました」と書いてあります。

永井 それ、覚えています。ちょっと大げさに書いているけど(笑)。彼がディレクターとして伸びている時期だったので、番組制作のイロハというか、一つひとつの映像の意味について教えた頃の話ですね。

佐々木 このあとがきの文章、続きがあるんですよ。「マルちゃんの『赤いきつね』の麺をどうしてズームアウトで撮ったんだとひどく怒られ、当時はキョトンとしましたが、それ以来1カットずつに意味を込めて撮影するようになりました。当時は辛かったですが、殊、撮影と編集に関しては、これが今の自分の血肉になっています。本当にありがとうございました」と(笑)。

永井 半分ネタですよね(笑)。よくいる若手のディレクターで、特にバラエティー番組だと映像に勢いをつけようとして意味のないズームアウトを使う人がいるんです。だから、「ズームアウトの使い方が下手なやつはダメ!」という原則みたいなものがあって、それを彼に伝えたんだと思います。