2003年以来、継続的に「ミラノデザインウィーク」で個展を開催してきたnendo。新作デザインや自主制作によるコンセプト作品を、毎回別の会場と異なる手法で発表し、会期前から「必見」との話題を集めてきた。2019年も大規模な個展と並行して、メーカーの新作コレクションを多岐にわたり発表した。

nendoの個展「breeze of light」は、空調機器メーカー、ダイキンのためにデザインしたインスタレーションだ(写真/太田拓実)
nendoの個展「breeze of light」は、空調機器メーカー、ダイキンのためにデザインしたインスタレーションだ(写真/太田拓実)

 2019年の個展「breeze of light」は、18年に引き続き空調機器メーカーのダイキンとのコラボレーションで、「空気」をテーマにしたインスタレーションだった。前回見せた、特殊素材の可能性を探るデザインプロトタイプとは全く違うアプローチで、体感の場をつくり上げた。

 会場は、複合商業施設「テノハミラノ」内にあるイベントスペース。大空間に敷き詰められていたのは、花形に切り抜かれた約17000本の偏光フィルムだ。そこへ、偏光フィルターを装着したスポット照明が角度を変えながら当たると、花の向きは変わらないのに、全体が波打つように見える。

 モーター制御の照明で花の影の濃度をさまざまに変化させ、実際には空気が動いていないにもかかわらず、まるで風が吹き抜けるかのように錯覚させていた。本来は目に見えない「風」の存在を視覚化することで、新たな「空気の感じ方」を意識させる仕組みだった。

(写真/太田拓実)
(写真/太田拓実)
偏光フィルターを装着した115灯の照明と約1万7000本の花形の偏光板によって、光と影の動きだけで、まるで風がそよいでいるかのように感じさせる空間をつくり上げた
偏光フィルターを装着した115灯の照明と約1万7000本の花形の偏光板によって、光と影の動きだけで、まるで風がそよいでいるかのように感じさせる空間をつくり上げた

ガラスの粘性を生かした新作家具

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>