ゆうこすがさまざまな分野のプロフェッショナルからノウハウやスキルなどを学んでいくこの連載。今回は、誰でも簡単にネットショップを開設できるサービス「BASE」の執行役員・神宮司誠仁氏と、実際にBASEを利用したこともあるアパレルブランド「COHINA」のディレクター・田中絢子氏にインタビュー。BASEの特徴や、ネット上でショップを運営するメリット、顧客を獲得するための手法などを聞いてみた。

(編集部)
 今回のテーマはネットショップとライブ配信について。前編では、そんなネットショップの開設を支援してくれるサービス「BASE」を通じて、提供する側の神宮司氏と利用する側の田中氏にBASEの特徴やネットショップの運営方法を聞いた。取材させていただいた2人の話を聞いたゆうこすは、自身も手掛けているライブ配信がネットショップを活性化するための有効なツールであることを再認識した様子だった。

プロフェッショナルの紹介
今回インタビューしたのは、ネットショップを簡単に開設できるサービス「BASE」の執行役員・神宮司誠仁氏と、155センチ以下の小柄な女性をターゲットにしたファッションブランドCOHINA(コヒナ)を展開するディレクターの田中絢子氏。BASEは、HTMLなどの知識がなくてもネットショップを気軽に構築できるサービスで、個人を中心に約80万のショップがオープン。さらに、ライブ配信機能の「BASEライブ」や資金調達サービスの「YELL BANK」など、ショップオーナーを支援するサービスも豊富に用意されている。COHINAは、2018年1月にオープンしたアパレルブランド。小柄な女性を中心に支持を集め、19年3月時点で月商5000万円を売り上げるまでに成長した。ライブ配信を400日連続で行うなど、ファンとのつながりを大切にしながらブランドを展開している。
BASE(東京・港)執行役員の神宮司誠仁氏(左)とCOHINAを運営するnewn(東京・渋谷)の田中絢子氏(右)
BASE(東京・港)執行役員の神宮司誠仁氏(左)とCOHINAを運営するnewn(東京・渋谷)の田中絢子氏(右)
ネットショップが簡単に作れるBASE
ネットショップが簡単に作れるBASE
小柄な女性のためのアパレルブランドCOHINA
小柄な女性のためのアパレルブランドCOHINA
■変更履歴
リード内の「実際にBASEを利用しているアパレルブランド「COHINA」」を「実際にBASEを利用したこともあるアパレルブランド「COHINA」」に修正しました。表現をより事実に即した形にいたしました[2019/12/19 15:00]