ゆうこすがさまざまな分野のプロフェッショナルからノウハウやスキルなどを学んでいくこの連載。後編では、ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」を運営する17 Media JapanのCEO(最高経営責任者)小野裕史氏に、企業との取り組みや、日本でこれからどのようにライブ配信が広がっていくのか、ライブ配信市場の今後について聞いた。

(編集部)
 前回は、17 Liveのサービスの特徴についていろいろ聞いたゆうこす。後編では、17 Liveがタイアップした企業との面白い取り組みや、これから日本でどのようにライブ配信が広がっていくかなど、ライブ配信の未来について小野裕史氏に語ってもらった。

プロフェッショナルの紹介
今回インタビューしたのは、ライブ配信アプリ「17 Live」を運営する17 Media Japanの代表・小野裕史氏。17 Live は、アイドルやタレント、アーティストになりたいという夢を持つ一般人がライバーとなり、視聴者の応援によってお金を稼ぎながら夢をかなえていく。この形態を「投げ銭(ギフティング)」といい、視聴者は課金アイテムを購入して自分が応援しているライバーに投げる(ギフティングする)ことによって、応援ができる仕組みだ。そしてライバーは、視聴者から贈られた課金アイテムから報酬を得ている。

花王のケープと大規模タイアップを実施

ゆうこす 前回のお話で、17 Liveさんは独自のイベントをつくったり、100人近い社員がライバーをサポートしたりしていることが分かりました。企業とのコラボやタイアップは事業化していないのでしょうか?

小野裕史氏(以下、小野) そんなことはありません。花王さんとのタイアップ事例を紹介しましょう。2019年の9月に日本上陸から2周年ということで、幕張メッセで2000人以上を集めたリアルイベント「超ライブ配信祭」を開催したのですが、このイベントを花王のヘアスプレー「ケープ」のプロモーションに活用したいと花王さんから相談がありました。

リアルイベント「超ライブ配信祭」
リアルイベント「超ライブ配信祭」
ライバーの中から3人のケープイメージモデルが選ばれた
ライバーの中から3人のケープイメージモデルが選ばれた

 そこでケープのイメージモデル3人を選出するオーディションを企画しました。全女性ライバーを対象に17 Live上でケープについてのライブ配信を実施してもらい、視聴者から贈られたポイントなどをより多く獲得した上位20人が「超ライブ配信祭」で行われる最終審査に進出。「超ライブ配信祭」では投票などの審査を経て3人がイメージモデルに選ばれました。

 ライブ配信をプロモーションに活用することは、あまり事例がないので数カ月かけて(花王さんとオーディションの内容などを)一緒に設計しました。結果的にケープに関するライブ配信が4000時間も生まれたんです! 4000時間ですよ、その時間ずっとケープが語られていたんです。

ゆうこす ちょっと笑っちゃいますね。テレビCMを4000時間流したら、いくらかかるでしょうね……。恐ろしい数字です。

小野 さらにすごいのは、ケープを模したアニメーションギフトが70万回投げられたことです。YouTubeの広告は基本的に見るだけですが、17 Liveのケープの場合は視聴者がアクションを起こすという、参加型のプロモーションになっている。これがライブ時代の新しいプロモーションだと実感しました。花王さんとの取り組みは一つの例ですが、ランボルギーニさんなどの大手ブランドと組んだイベントも開催しています。

ケープを模したアニメーションギフト「ケープベイビー」
ケープを模したアニメーションギフト「ケープベイビー」

ゆうこす 今後も企業とのタイアップを増やす予定ですか?

小野 もちろんです。ライブ配信を誰もが楽しむサービスへと育て、ライブ配信から新たなスターが生まれてくるような世界をつくるためには、大手の企業やブランドとのタイアップは重要だと考えています。台湾はもっと進んでいて、来年に向けて大統領選挙が行われているのですが、大統領候補が17 Liveでライブ配信しています。

ゆうこす 17 Liveでですか!? ギフティングもできるのでしょうか?

小野 もちろんです。国民からのコメントに、大統領候補がダイレクトに返事しているのが面白いです。市長も普通にライブ配信していますし、つまり政治家ですらライブ配信を使っている時代になっているのです。

 また、台湾では17 Liveがつくったライブ配信用の公式番組がテレビにも流れていて、そこに企業がスポンサードしています。同じようなことは日本でもいずれ起きてくると思っていて、1~2年先になるかもしれませんが、台湾で起きたことは必ず日本でも起きるのではないかと踏んでいます。テレビなど大きなメディアと組むのは、ライバーをスターにしていく一つの重要な方法だと思います。

 さらに、20世紀FOXと組んでメインキャストがほぼライバーの映画を製作しており、劇場公開される予定です。つまり、台湾ではテレビにも出るし、映画にも出るライバーが続々と生まれています。同じような世界を日本でも目指していきます。