インフルエンサーには多角的な視点が必要

ゆうこす 実は、和田さん。の動画を見たときに、「いい意味で全然YouTuberじゃない人が来た!」って思ったんです。テンポ感などはYouTuberっぽいと思ったのですが、「やってみた」系の内容ではなく、YouTubeの肌感はありつつも、どこか世間一般のYouTuberではないというのがすごいなと思って。まず「元美容部員 和田さん。」という名前も珍しくて。「○○ぴょん」みたいな名前が多い中で、「和田さん。」という文字は目を引きますよね。極め付きは、大体みんながゴシック体のテロップを使っている中で、明朝(笑)。

和田さん。 確かに(笑)。動画を作ったのはC Channelの編集マンです。当時私はただ、よい情報を伝えて盛り上がるのを見てみたいけれどもYouTubeは何もわからないという状況でした。出来上がりも最初配信されたときも正直知らなかったですし、お任せで1本目2本目も全部編集してくれたのですが、自分で全部やるのではなく、他の人にプロデュースしてもらうこともとても大事だなと感じました。他人から客観的に見てもらい、明朝にしようとか、名前は「和田さん。」にしようとか……私に知識がなかったからこそ実現した部分が多いですね。

ゆうこす 名前も決めてもらったんですか?

和田さん。 「美容部員のとき何て呼ばれていたの?」と聞かれて、「和田さん」と答えたのですが、昔、「モーニング娘。」がすごく好きだったという話もしていて、「じゃあ『。』も付けとく?」という流れで、特に大きな戦略的な意図はなく決まったんです。

ゆうこす とはいえ、他の方との違いになっていますよね。和田さん。が「○○ぴょん」とかだったら……と想像すると全然合わないし、「和田さん」は「和田さん。」だなあと思います。自分の一番よいところや、アピールすべきところって、自分ではなかなか分からない部分でもあるので、そこをプロデュースしてもらえたというのは、会社に所属しながらYouTubeをやるメリットなのかなと感じました。

 そういえば、一時期動画編集者さんが辞められたときがありましたよね。見ていて大丈夫かな? と心配になりましたが、あのときはどうやって動画編集者の募集や選定をしたのですか?

和田さん。 あのときは本当に焦りました。素材を撮っても自分で編集をするのは無理なので「配信ができない!」と絶望しました。実は、先任者が今まで作ってきた動画のフォーマットを残してくれていて、引き継ぎ材料があったというのが大きいのですが、C Channelで新しい編集マンを募集してもらいました。最終的には2、3人に絞ってもらい、私が直接面談をして決めました。復帰は結構早かったのかなと思っています。

ゆうこす 会社で手配をしてくれるというのは強いですね。私はまだ動画編集者を探せていないので、頑張りたいなと思いました。

 また、和田さん。とお話をしていて、YouTuberやインフルエンサーには、一般常識や社会人としての多角的な視点が必要だと感じました。社会人を経験したことのないYouTuberやインフルエンサーに、企業側がいろいろ教えてほしいなと思います。

和田さん。 本当ですね。より視野が広い、社会人やっている人は、今後強くなると思います。

ゆうこす 豊富な視点を持てるYouTuberやインフルエンサーが強くなるということは、一般企業からインフルエンサーが生まれる可能性もあります。企業から社員のインフルエンサーを創出することは難しい気がしますが、後編は社内にいる「SNSで発信したい」という若者をどうサポートすればよいのかをテーマに、和田さん。と議論をします!

和田さん。貴重なお話、ありがとうございました
和田さん。貴重なお話、ありがとうございました

(写真/稲垣純也)