前回は、個々に力のあるメンバーがチームを作って働くことの魅力、動画のアイデア発想法などを学んだ。今回も引き続き、誰にでもできる簡単な発想法や、人の心を動かし続ける面白い動画の秘密などを見ていく。

(編集部)
 「人の心に残る、面白い企画はどうやったら生み出せるのか」「クライアントとはどのように付き合えばよいのか」など、動画を作るうえで悩みを抱えながら試行錯誤しているゆうこす。クリエイティブ業界での経験が豊富なCHOCOLATE Inc.(以下、チョコレイト)のプランナーに聞いてみた。

今回のプロフェッショナルはチョコレイトの冨永 敬さん(左)と森 翔太さん(右)
今回のプロフェッショナルはチョコレイトの冨永 敬さん(左)と森 翔太さん(右)
プロフェッショナルの紹介
今回インタビューするのは、コンテンツスタジオ・チョコレイトに所属しているプランナーの森翔太さんと冨永敬さん。お2人のすご過ぎる経歴は下記の通り。

森 翔太:1983年生まれ。鳥取県出身。演劇活動を経たのち、2012年より独学で映像製作をスタート。「仕込みiPhone」(13年)動画がYouTubeで300万回以上再生され、国内外のメディアで取り上げられた。以降は、『ジェット侍』『充電ラブストーリー(篠崎愛)』『鳥取県カニ動画』『神の手』などのCM監督や、乃木坂46のプロモーションビデオ、映画『いぬやしき』の一部映像ディレクションなどを手がけている。Twitter : @ShotaM0ri

冨永 敬:85年生まれ。香港育ち。広告のプランナーとして10年間、話題づくり、行列づくりに没頭。アクティベーションを中心に、CM、PR、デジタル、イベントと、多様な手法を武器に企画、実現する越境系プランナー。特定の分野にとらわれず、新しい体験を生み出すべくメディアアート、イラスト、xR領域と好奇心拡張中。世界三大広告賞Cannes Lionをはじめ、国内外の広告賞を多数受賞。Twitter : @tomik0925

宿題レベルに細分化するとアイデアが出る

ゆうこす: 前回は、森翔太さんにアイデアの発想法についてお聞きしました。冨永敬さんは小学生向けの「ピカいち CHANNEL」でうんちのうたの歌詞を書かれていたり、漢字ドリルの実況を作られていますが、これらのコンテンツはどのように考えて生まれたのでしょうか。

冨永敬さん(以下、冨永): 「ピカいち CHANNEL」は、ほかのプランナーと一緒に作っているので僕だけのアイデアではありませんが、僕は森さんのように「自分の内なるものを表現したい」という作家性の強いタイプではないので、別のアイデアの作り方をしています。「宿題を決める」という方法です。

 前回、僕は広告業界出身だとお話ししましたが、広告を作るときは大抵クライアントさんからお題が提示されていて、「これを売りたい」とか「こんな人たちに認知させたい」など、課題が明確なんです。だから、「どうやったら解決できるか」というように、宿題のように考えています。ただ漠然と「何かを表現して」「作って」と言われると、「あれもいいし、これもいいし」と混乱してしまう。「この問題を解いてください」と言われると、「じゃあまずはあれをやってみよう」という思考になります。

 例えば、子供たちがやりたくなる面白い漢字ドリルを考えるとします。漢字ドリルは「普通にやってもつまらない」といった問題があります。どうやったらこの問題を解決できるかという宿題にしてみる。すると、「実況したら面白いんじゃないか」「うどんを食べながら漢字を書かせてみる」など、どんどんアイデアが浮かんできます。できるだけシャープかつシンプルな宿題にして考えるというこの方法は、どんな人でもまねしやすいと思います。

森翔太さん(以下、森): 冨永さんはロジック思考で、分析的にコンテンツを作っていますよね。チョコレイトって、大きく分けて「エモーショナル」なものを作る人と、「ロジカル」なものを作る人がいると思っていて、「エモーショナル」の面が強い僕としては、すごく勉強になります。

冨永: 「エモーショナル」と「ロジカル」の話が出ましたが、芸術家とか作家っぽいなと思う直感クリエイター型の人ほど、ロジカル思考だと感じています。森さんはパロディーで動画を作ると話していましたが、パロディーも「これがウケやすい」というものを分析して、自分の中でロジカル化しているはずなんです。森さんは、お笑いのビデオを深く分析していた時期があって、間を取るタイミングの違いでどうウケるか、といったことを全部解析しているんですよ。

ゆうこす: 今思えば、ギターをDIYする動画の間の感じとか、お笑いのビデオを見ているのかのように感じていました。

森: ありがとうございます。冨永さんも「どうしたらヒットするか」を考えて、「ヒットしたものを分析して」、「これからヒットするコンテンツを作る」ということをやり続けている人なので、内容の組み立て方など、とても勉強になります。