ゆうこすがさまざまな分野のプロフェッショナルから学ぶこの連載。今回は、クリエイターに限らず多くのビジネスパーソンの悩みの種であるアイデアや企画の発想法について学んでいこう。

(編集部)
 動画を作ろうと思っている人の中には、伝えたいことは明確にあるものの、それをどう相手に伝えるか悩んでいる人は多いのではないだろうか。自分の意図や思いを効果的に伝え、多くの人の心をつかむ動画を作るには、アイデア(企画)が不可欠。YouTubeで「ゆうこすモテちゃんねる」を運営し、57万人以上の登録者を抱えるゆうこすも、企画作りに悩んでいる1人だ。そこで、映像を主軸に、映画やゲーム、雑貨などさまざまな分野で動画を制作しているコンテンツスタジオ・CHOCOLATE Inc.(以下、チョコレイト)のプランナーに、これまで生み出してきた動画のアイデアをどのように発想したのかを聞いた。

チョコレイトのプランナー、森 翔太さん(右)と冨永 敬さん(左)
チョコレイトのプランナー、森 翔太さん(右)と冨永 敬さん(左)
プロフェッショナルの紹介
今回インタビューするのは、コンテンツスタジオ・チョコレイトに所属しているプランナーの森翔太さんと冨永敬さん。お2人のすご過ぎる経歴は下記の通り。

森 翔太:1983年生まれ。鳥取県出身。演劇活動を経たのち、2012年より独学で映像製作をスタート。「仕込みiPhone」(13年)動画がYouTubeで300万回以上再生され、国内外のメディアで取り上げられた。以降は、『ジェット侍』『充電ラブストーリー(篠崎愛)』『鳥取県カニ動画』『神の手』などのCM監督や、乃木坂46のプロモーションビデオ、映画『いぬやしき』の一部映像ディレクションなどを手がけている。Twitter : @ShotaM0ri

冨永 敬:85年生まれ。香港育ち。広告のプランナーとして10年間、話題づくり、行列づくりに没頭。アクティベーションを中心に、CM、PR、デジタル、イベントと、多様な手法を武器に企画、実現する越境系プランナー。特定の分野にとらわれず、新しい体験を生み出すべくメディアアート、イラスト、xR領域と好奇心拡張中。世界三大広告賞Cannes Lionをはじめ、国内外の広告賞を多数受賞。Twitter : @tomik0925

なぜクリエイターはチョコレイトに集うのか

ゆうこす 数カ月前「#チョコレイト参戦」(※)が話題になりましたが、実はそのときからチョコレイトさんを知っておりまして、今回、私も動画を作っている身として、企画の作り方について学ばせていただきたいと思って、取材をさせていただきました。どうぞよろしくお願いします。はじめに、お二人がどんな方なのか教えていただけますか?

※#チョコレイト参戦 チョコレイトに移籍を決めたプランナーやクリエイターがその経緯や決意を投稿したツイートに付けたハッシュタグ

森翔太さん(以下、森) チョコレイトは、さまざまな分野のいろんなバックボーンを持ったプランナーが集まっている会社です。僕は映像作家で、「仕込みiPhone」という、iPhoneを腕に付けて出す動画を一人で5~6年くらい前に作ってYouTubeにアップしていましたが、企業の方とお仕事をするようになって、いろんな経緯があってチョコレイトに参戦しました。普段はディレクターをしていますが、チョコレイトにはプランナーとして参加しています。

冨永敬さん(以下、冨永) 僕は小学館と一緒に制作している子供向けチャンネルの「ピカいち CHANNEL」や、オリジナルコンテンツの「6秒商店」などにプランナーとして参加しています。もともと博報堂でプランナーとして働いていて、CMを作ったりマクドナルドのエッグチーズバーガーを「エグチ」とあだ名にしてローンチする企画などをやっていました。広告会社からコンテンツ制作の会社に転職してきた人間です。

ゆうこす ありがとうございます。実は私、就職したことがなくて自分で会社を立ち上げて経営しているのですが、「#チョコレイト参戦」を見たときに、正直一人ひとりがフリーランスでも十分やっていける人たちがなぜチームとして集まって仕事をしようと思われたのか、気になりました。

 参戦理由は人それぞれ違いますが、僕はフリーでずっとやってきたので、単純に参加する人が面白そうなので楽しそうだなと思いました。チョコレイト自体が「6秒商店」などのオリジナルコンテンツをどんどんやっていこうという方針なのも大きかった。一つのコンテンツをいろんな考え方を持った人が集まってゼロから作るというのは、フリーではなかなかできません。

 チョコレイトには仲間でもありライバルでもある人がたくさんいるイメージがあります。毎回みんなで企画を持ち寄ったり、動画を作ったりしているので、売れる人はどんどん進んでいきます。だから、とても刺激になっています。

ゆうこす 私はあまり刺激を受けるということがないので、すごくうらやましいです。ほかの方にアドバイスをしたりしますか?

冨永 ありますね。全然違う視点でインプットをくれるので面白いです。例えばTikTokの話とか、僕らのようなおじさんだとついていけないじゃないですか。そうすると横から「これ流行ってるよ」と言ってくれるので、普通に生活していたら入手できない情報を仲間から得ることができます。今はネットで検索したら分かってしまう時代ですが、自分と異なる興味や価値観を持った人が近くにいると刺激になりますね。

 そういう人たちが集まって、1個のルールでアイデア出しをするとすごく面白い。「6秒商店」は、全プランナーが「いっせーのせ」で企画を出し合って、その中のいいアイデアが映像化されていくのですが、みんなまったく違う切り口でアイデアを考えてくるので、その場自体が楽しいです。

ゆうこす 最初「6秒商店」をTwitterで見たときはとても驚きました。バズったものを商品化するというアイデアだと思いますが、パクられて中国で売られたりしていると聞いて、どうなるんだろうと思っていました。最近はFOLIOさん(※)や森永乳業さんのピノとのタイアップなどが増えていると知って、方向転換されたのかなと。今後「6秒商店」自体はどうなっていくのでしょうか?

※FOLIOはオンライン証券会社。6秒商店とのタイアップ企画「My City,My Future」を配信している。

冨永 「魔法陣の充電器」など、バズったら商標を取って製品化するという構想をしていましたが、パクられるスピードが予想以上に速くて驚きました。これからもタイアップに加えてオリジナルコンテンツも作っていく予定ですが、「この動画はこういう反応だったな」など、毎日PDCAを回すことで「6秒商店」を実験の場にしていきたいと考えています。PDCAのスピード感も大企業にはない楽しみでもありますね。

 ゆうこすさんもYouTubeをやられていますが、YouTuberって毎日投稿が基本ですよね。広告会社から来た僕は、どんなに短くても1、2カ月単位でコンテンツを作っていくスピード感なんです。どちらも違った楽しさがありますが、毎日何かを作るというスピード感で動いて実験している人たちに、どこかで追いつけなくなるときが来るんじゃないかという危機感もありました。実際「6秒商店」はすごいスピード感で、早いときは編集して半日くらいで動画を公開しています。