複数の動画のフォーマットを組み合わせる

ゆうこす 以前、森さんのYouTubeを拝見しまして、そもそも芸術系の大学を卒業されて舞台の経験があることを知っていたのですが、そこから一番初めにアップした「仕込みiPhone」を見たときに「大人の全力のふざけ」を見た感じがして、平和な気持ちになりました。

仕込みiPhone 3号機(Japanese Guy's iPhone Quick-Draw System)

 平和ですか!? 確かに、あれで人は殺せないですね(笑)。実は弱者の妬みのようなルサンチマンから作った動画なのですが、周囲からは「なんか幸せな気分になれる」と言われることが多くて、自分では意外でした。あのときは飲まず食わずで生活していて、鬱屈した気持ちで作っていました。

ゆうこす 「仕込みiPhone」はどのように生まれた企画だったのですか?

冨永 確かに発想の源を知りたいですよね。だって、iPhoneを体に仕込もうなんて絶対思わないじゃないですか。

 自分はすでにあるものをいじるパロディーが結構多いです。ニュース映像やバラエティー番組のパロディー動画を作りましたが、「仕込みiPhone」は1970年代のアメリカ映画『タクシードライバー』のパロディーです。鬱屈とした主人公が、iPhoneでなく銃を出すんです。実はパロディーに何かもうひとつ要素を付け足すと新しいアイデアになりやすい。しかも有名な映像のパロディーであれば既視感もあって、見ている人に状況などを説明しなくても済んだりします。

 「仕込みiPhone」をアップしたとき、最初に海外の人が反応してくれました。『タクシードライバー』は反骨精神を持つ人たちに人気の映画で、海外の人が映画の主人公と僕とを重ね合わせて見てくれて、勇気づけられたそうです。コンテンツを作って世の中を湧かすとはこういうことかと思いました。

ゆうこす 社会で生きている中での鬱憤があって、中二病の延長みたいに全力でふざけたい思いがあるけれど、それもできない中でみんながこの動画を見ていたと思います。ほかの作品を拝見しましたが、森さんは炎上する要素がない、誰も傷つかないうえに面白い動画を作られていて、「丸く尖っている」なあと感じました。

冨永 確かに、「丸く尖る」っていいですね! 言い当てている感じがします。確かに誰も傷つけてない。ところで、ギターを自作する動画は何のパロディーなんですか?

【DIY】How to make "STARBUCKS GUITAR"|スターバックス・ギター

 あれは僕の中で新しいことをやったつもりだったのですが、結果的には3つからパクってました。まず無意識にin living.さん(※)をパクってましたね。

※in living. チョコレイトに所属する末永光さんが手がける映像ユニット。透明感のある独特な動画で話題。

ゆうこす in living.さん、パクってますか!?

冨永 カメラを置いて何かを撮るという、あのフォーマットをまねたんですね。

 日記調の動画に淡々とナレーションをかぶせるっていう。YouTubeって人物の顔が写って直接しゃべるじゃないですか。それをほぼ全編ナレーションで話すのはありそうでない。2つ目は、段ボールとかいろんなもので包丁を作る「圧倒的不審者の極み!」というYouTubeチャンネルがあるのですが、こちらも参考にしましたね。最後はレシピ動画の「こんびにこ」さんです。完成したギター動画を見ると、自分の中ではきっと3つの動画の好きなところを組み合わせたんだろうなっていうのがあります。

ゆうこす 1つだけまねてしまうとただのパクリですけど、いろんなものを吸収して噛み砕いて自分の中で融合できるって1つの才能というか……。

冨永 3つパクればオリジナルみたいな……名言もあります。

ゆうこす パロディーで自分なりにアレンジするって確かに1つのやり方というか、ぜひまねしたいです。

 僕には宣言したいことがあります。令和になって、新しい物を作らないとダメなのではないかと思っているので、パロディーはもうやりません。それに平成の終わりに、平成を振り返ろうということでパロディーがブームになって、みんなおなかがいっぱいになってしまいましたし。

冨永 やらない宣言! じゃあギターは作らないってこと?

 あれはちょっとおいしかったんで続けますけど(笑)。でも新しいものを作ろうという思いはあります。

ゆうこす 「ポプテピピック」(※)でパロディーブームが爆発しましたよね。Twitterですごいバズって、「これはあれじゃないか!?」って検索が多くて。

※ポプテピピック 4コマ漫画。パロディーを取り入れた作風も多い。

冨永 あれで出尽くした感がありましたね。

 「ポプテピピック」が、本当にトドメを刺した感がありました。これからは新しいものを入れた完全オリジナルをやらないとダメになっていくだろうと思います。

ゆうこす チョコレイトさんという会社や、森さんの面白い動画の源についてよく分かりました。次回もアイデアの作り方を中心にお話を進めていきます。

 森さん、冨永さん、楽しいお話をありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

(写真/稲垣純也)