いい動画制作チームには徒弟制度が不可欠?

ゆうこす SNSでの発信やライブコマース、YouTuberの育成などさまざま事業や仕事をこなしているため忙しくて、外部の方に動画の編集をお願いすることも増えています。でも、自分が思い描いている「スタイル」や「スタンス」が伝わらず、思い通りの動画を作れていません。

 また、普段私は自宅で動画を撮影することが多く、マネージャーさんがデータをハードディスクに入れて外部の方に渡してくれるので、あまり外部の方と会っていません。やはりスタンスを共有するには、常に会っていることが大切で、動画制作がうまくいっていない原因はそこにもあるのかなと思ったのですが、いかがでしょうか?

明石ガクトさん(以下、明石) そうですね。少なからず関係していると思います。

 「ディレクション」という言葉があるのですが、ディレクションというのは、「導いていく」という意味で、映像でも広告やテレビの世界と同様に、「ディレクター」という役職の人がいます。実は動画の編集作業だけをする人は、ディレクターではありません。そういう人は「エディター」と呼ばれます。

 基本、ディレクターが「これはこういう感じでやろう」という指示をエディターに伝えて、エディターが編集作業を担当します。制作会社によっては、さらにディレクター陣を束ねる上位の役職があって、これを「クリエイティブディレクター」と呼びます。CDと略されることが多いです。

 ONE MEDIAで言うと、動画の制作に携わる人は30人近くいますが、CDは現在、2人しかいません。1人のCDが2人のディレクターに指示を出し、その2人のディレクターが4人のエディターに指示を出す、ということを繰り返して凝った動画が出来上がります。

ゆうこす なるほど……。

明石 このとき、スタンスはCDがもちろん一番意識しているのですが、その次はディレクターで、エディターになるとスタイルは分かっているけれどスタンスはあまり分からないことも増えてきます。

 ゆうこすさんは、言ってみれば「ゆうこすチャンネル」のCDじゃないですか。なので、外部の方にディレクターとしてスタンスやスタイルなど、さまざまなことをくみ取ってもらうためには、結構一緒にいないと分かってもらえない。今はゆうこすさんのことをあまり分かっていないエディターに発注している感じです。編集自体はできるのですが、魂が入っていない感じがするのかもしれません。

ゆうこす 確かに。私のスタンスを理解してくれるディレクターを育てるには長い時間一緒にいて、さまざなことを共有していかないとダメなんですね。

明石 最初は自分が想像していた動画と違うものができあがると思います。それに対して「これはもっと、こういう感じにして、タイミングはこうして」みたいなことを、言い続けるしかありません。すると「(ゆうこすさんなら)ここはこうするよね」というように外部の方も分かってくる。これが映像産業が徒弟制度と言われるゆえんで、「親方の背中を見て覚えなさい」みたいな……。今のところこれを効率良くやれる工夫はありませんね。

 唯一あるとしたら、テンプレートを作ること。「最初はここにゆうこすさんのこういう顔が入って、タイトルはこんな感じで、『はい、ゆうこすちゃんねるをご覧の皆さん!』で始まる」とかですね。これは決まりごとだから簡単に作れると思いますが、でもそれはすでにやっているんですよね?

ゆうこす そうですね。テンプレートは試しています。

明石 そのうえで何かが違うというのは、やはり外部の方との関係性なのかと。だから、今編集作業をお願いしている方をエディターとしても育てるか、ゆうこすさんと外部の方(=エディター)の間に入るディレクターを新たに育てたほうがいいと思います。