デコトラやチューニングカーといったマニアックなプラモデル製品で知られる模型メーカー、青島文化教材社(アオシマ、静岡市)。最近では、スーパーマーケットなどで使われる販促機器をミニトイ化した「スーパーサウンド『呼び込み君』ミニ」のヒットも記憶に新しい。攻めた(攻めすぎた?)商品を出し続ける理由はどこにあるのか。デコトラや改造車のプラモを担当する大石将之さん、ガールズプラモや「呼び込み君ミニ」を担当した金田辰也さんを小口覺氏が直撃する。

歴史あるプラモメーカー、アオシマ。最近のヒット作はスーパーマーケットなどで使われる販促機器をミニトイ化した「スーパーサウンド『呼び込み君』ミニ」
歴史あるプラモメーカー、アオシマ。最近のヒット作はスーパーマーケットなどで使われる販促機器をミニトイ化した「スーパーサウンド『呼び込み君』ミニ」

昭和50年代から続くチューニングカーのプラモ

小口覺(以下、小口) 最近勢いのあるキャラクター系のアイテムと、戦艦や車といった昔ながらのスケールモデル、売り上げの比率はどれぐらいですか。

大石将之さん(以下、大石) 急激にこっち(キャラクター系)が増えたからね。

金田辰也さん(以下、金田) ただキャラクター系モデルは浮き沈みが激しいですから、キャラ系とスケールモデルとで、半々ぐらいです。

開発事業本部 企画部 企画課 大石将之さん。2007年入社。スケールモデルを担当。中でも車やトラック、デコトラをメインに企画している。妄想のプラモデルを日々考えている
開発事業本部 企画部 企画課 大石将之さん。2007年入社。スケールモデルを担当。中でも車やトラック、デコトラをメインに企画している。妄想のプラモデルを日々考えている
マーケティング本部 企画部 キャラクター企画チームリーダー 金田辰也さん。2012年入社。アニメやゲームなどを題材としたキャラクター関連のプラモデルやグッズの企画開発を担当。ユーザーの期待に応える、突拍子もない企画を日々模索している
マーケティング本部 企画部 キャラクター企画チームリーダー 金田辰也さん。2012年入社。アニメやゲームなどを題材としたキャラクター関連のプラモデルやグッズの企画開発を担当。ユーザーの期待に応える、突拍子もない企画を日々模索している

小口 スケールモデルは安定した商売と言えるんですか。

大石 キャラクター系に比べれば、ですね。キャラ系はアニメなどでヒット作があるとマーケット全体が盛り上がるんですけど、われわれは、例えばプリウスが売れたからといってプリウスのプラモデルが売れるわけじゃない。大きなヒットはないけども、ある程度は見込める数字が読めます。

小口 スケールモデルには、車やバイク、飛行機といった乗り物系、戦車などのミリタリー系など、いろいろなカテゴリーがありますが、売れているのは?

金田 アオシマの場合、主力は車です。車に限れば、おそらくタミヤ(静岡市)さんと国内市場のシェアで拮抗しています。

スケールモデルの主力は車
スケールモデルの主力は車

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
19
この記事をいいね!する