「金鳥の渦巻」(蚊取り線香)に始まり、「キンチョール」「コックローチ」「タンスにゴン」と、家庭用殺虫剤や防虫剤などでヒット商品を出し続けてきた老舗メーカー、大日本除虫菊(金鳥、大阪市)。面白くインパクトのあるテレビCMや広告でも耳目を集めてきた。その原点はどこにあるのか、どう進化してきたのか。長年、同社の宣伝に携わってきた専務取締役の上山久史さんを小口覺氏が直撃する。

大日本除虫菊 専務取締役 上山久史さん。1956年兵庫県生まれ。京都大学経済学部卒業後、電通(現電通グループ)に入社。89年より大日本除虫菊に入社。97年に取締役就任。98年より宣伝・広報担当役員として現在に至る
大日本除虫菊 専務取締役 上山久史さん。1956年兵庫県生まれ。京都大学経済学部卒業後、電通(現電通グループ)に入社。89年より大日本除虫菊に入社。97年に取締役就任。98年より宣伝・広報担当役員として現在に至る

煙がないから「ムエン」ダー

小口覺(以下、小口) 最近では「ゴキブリムエンダー」(以下、ムエンダー)がヒットしていますが、どのぐらい売れているのでしょうか。

上山久史さん(以下、上山) 初年度(2020年)の売り上げは当初計画の100万本を達成し、21年もそれ以上に伸ばせましたから、十分な手応えを感じています。

2020年発売のヒット製品、「ゴキブリムエンダー」。部屋の広さに合わせた回数をプッシュして30分閉め切ると、隠れた場所にいるゴキブリを追い出して駆除する
2020年発売のヒット製品、「ゴキブリムエンダー」。部屋の広さに合わせた回数をプッシュして30分閉め切ると、隠れた場所にいるゴキブリを追い出して駆除する

小口 ヒットの理由はどのように分析していらっしゃいますか。

上山 ひとつは、ネーミングです。今まで家中のゴキブリを丸ごと退治できる製品としては、くん煙剤がありました。ただ、煙が家中に立ち込めるので、事前に食器や火災報知機にカバーをかけたり、終わった後に掃除したりする手間がかかった。ムエンダーは煙がないから、その手間がかからない。くん煙剤のような効き目だけど煙がない、無煙(ムエン)だという意味が伝わったのだと思います。

小口 ゴキブリを見ないで済む(無縁になる)からだと思っていましたが、煙がない(無煙)の意味も込めたネーミングだったんですね。どのような仕組みでゴキブリを退治するのでしょうか。

上山 メトフルトリンとフェノトリン、2つの薬剤が入っています。ゴキブリは夜行性で基本的に昼間は隠れています。そこにメトフルトリンがかかると、フラッシングと言いますが、ゴキブリが「なんか薬がやってきたヤバイぞ」と、慌てて隙間から逃げ出す。出てきた床には殺虫成分のフェノトリンがたまっていて、それに触れさせることで駆除する、そういうメカニズムで設計しています。しかもフェノトリンは安全性が高いので、後で拭き取る必要もないわけです。

小口 くん煙剤に置き換わる業界初の商品だと。くん煙剤自体、最近あまり使われているのを見ませんね。

上山 かつては大きなマーケットでしたが、現在はピーク時の4分の1にシュリンクしています。

小口 御社のゴキブリ用殺虫剤には、他にもベイト剤(餌タイプ)の「コンバット」や、「ゴキブリがいなくなるスプレー」などがあります。くん煙剤もこれらにシフトしたのだと思われますが、使い分けはどのようにすればいいのでしょう?

月に一度のスプレーでゴキブリの駆除効果や寄せ付けない効果が続く「コックローチ ゴキブリがいなくなるスプレー」
月に一度のスプレーでゴキブリの駆除効果や寄せ付けない効果が続く「コックローチ ゴキブリがいなくなるスプレー」
ゴキブリが好みそうな場所や、通り道と思われる場所に置いておくベイト(餌)タイプの殺虫剤「コンバット」。効果は1年間
ゴキブリが好みそうな場所や、通り道と思われる場所に置いておくベイト(餌)タイプの殺虫剤「コンバット」。効果は1年間

上山 ゴキブリを見たくないといっても、「今すぐにやっつけたい」と「寄せ付けないように予防したい」の2つの考え方があります。もう一つは対処したい範囲が、広いか狭いかに分けられます。今すぐ広範囲に対処するのでしたら「ムエンダー」、今すぐ目の前にいるものに対処するのなら「ゴキブリがうごかなくなるスプレー」で瞬時にやっつけられます。広範囲で寄せ付けたくないのであれば「コンバット」、局所的に予防したいのであれば「ゴキブリがいなくなるスプレー」と役割が異なり、4つを使うことで、ゴキブリのいない生活ができます。これを図で表したのが「4Gデジタルお札」です。

小口 4つのゴキブリ製品だから4G。通信回線の5Gにかけたわけですね(笑)。これをあえて新聞の一面広告で展開したことも話題になりました。

新聞の一面広告やネットで話題を呼んだ「4Gデジタルお札」。Webサイトでダウンロードできる。懐かしさを感じさせるWebサイトのデザインや、ソースファイルの作り込みも話題になった
新聞の一面広告やネットで話題を呼んだ「4Gデジタルお札」。Webサイトでダウンロードできる。懐かしさを感じさせるWebサイトのデザインや、ソースファイルの作り込みも話題になった

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
21
この記事をいいね!する