丸めのフォームと、四次元ポケットから出てくるひみつ道具のように湧き出てくるアイデアがあの国民的キャラクターを彷彿(ほうふつ)とさせる、株式会社カクダイの代表取締役副社長。アニメオタクであることを公言しており、マニアックな話に社員が置いていかれることもしばしば。しかしオタ活で得た知識をマーケティングから商品開発まで多岐にわたり応用しており、趣味を仕事につなげるプロ。1990年入社

面白水道用品メーカー、カクダイは「下半身」が強い

2021年12月24日
  • 丸めのフォームと、四次元ポケットから出てくるひみつ道具のように湧き出てくるアイデアがあの国民的キャラクターを彷彿(ほうふつ)とさせる、株式会社カクダイの代表取締役副社長。アニメオタクであることを公言しており、マニアックな話に社員が置いていかれることもしばしば。しかしオタ活で得た知識をマーケティングから商品開発まで多岐にわたり応用しており、趣味を仕事につなげるプロ。1990年入社
  • 「Da Reya(ダレヤ)」シリーズのひとつ、「誰や!メタボにしたん?」
  • 前後逆に見える蛇口や、おでん型の蛇口など、ユニークな蛇口が並ぶ
  • デザイン性の高い製品も数多くある。Da Reyaシリーズで培われた技術がこうした製品に生かされている
  • バルブ型をイメージした蛇口。配管をむき出しにした物件、ブルックリンスタイルの店舗などで人気
  • ラグビーの選手が、やかんで水をかけられるところから着想した「魔法の水」。やかんの部分を傾けると水が出る
  • コロナ禍に向いた「衛生水栓」シリーズにも力を入れている。ハンドルが下についているため、手洗いと同時にハンドルも洗い流され、洗った手を汚さずに止水できる
  • 高級ホテルにも似合いそうな、さまざまなデザインの水道用品を手掛ける
  • カクダイの主力は、床や壁の中にある配管と接続するための部品
  • カクダイのWebサイトには、商品を型番で検索すると、その使用方法や取り付け方法などを動画で解説してくれる「六文芝居」というページがある。商品が多様化して問い合わせが増えたことから開設された
  • ロックバンドのアルバムにインスパイア(?)された総合カタログ。2020-2021版はクイーン風、2021-2022版はレッド・ツェッペリン風。一般には販売していない