口中清涼剤「仁丹」のイメージが強い森下仁丹だが、近年は健康食品の通信販売や、他社への原料供給で売り上げを伸ばしている。同社が開発した機能性表示食品の素材や、強みとするカプセル技術について、森下仁丹社長の森下雄司さんを小口覺氏が直撃する。

甲南大学経営学部卒業後、三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行し、支店での法人営業、業務出向、本部業務に従事し、2007年に森下仁丹入社。執行役員経営企画部長、ヘルスケア事業本部長、取締役執行役員カプセル事業本部長などを経て、19年代表取締役社長に就任
甲南大学経営学部卒業後、三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行し、支店での法人営業、業務出向、本部業務に従事し、2007年に森下仁丹入社。執行役員経営企画部長、ヘルスケア事業本部長、取締役執行役員カプセル事業本部長などを経て、19年代表取締役社長に就任

小口覺(以下、小口) もう年末・年始が見えてくる時期ですが、「おせち」も販売しているんですね。しかも「薬膳おせち」とか。どんな味なんでしょう。

森下雄司さん(以下、森下) おせちは今年で16年目、「薬膳おせち」となってからは今年で6年目になります。薬膳独特の薬っぽい味でなくおいしいと好評で、リピーターも多いですね。

数量限定で販売される「薬膳おせち」。なつめ、クコの実、高麗ニンジンなどの食材が使用されている。減塩や糖質制限といったユーザーニーズを探りながら改良を重ね、販売10年目で薬膳にたどりついたという
数量限定で販売される「薬膳おせち」。なつめ、クコの実、高麗ニンジンなどの食材が使用されている。減塩や糖質制限といったユーザーニーズを探りながら改良を重ね、販売10年目で薬膳にたどりついたという

小口 16年も。通信販売で数量限定なんですね。ビフィズス菌のサプリメントなど健康食品も多いようですが、こうした食品は仁丹と何か関係があるのでしょうか。

森下 通販で売っている健康食品などに使われているカプセル技術は、50年前から研究してきたものですよ。

小口 仁丹でカプセル技術?

森下 きっかけとなったのは、液体仁丹の開発です。仁丹は固いでしょう。歯が弱ってきた年配の方には、その固さが問題になるだろうと、口に入れてすぐに溶けるカプセルの研究を1971年から始めました。製品化は92年で、「カプセル仁丹」を発売しました。

小口 カプセルの仁丹……ありましたね。“プチッ”というか“ネチッ”とした食感の。

森下 日本では現在販売していませんが、タイでは「JINTAN NUDE」の名前でまだ売っています。このカプセル仁丹開発の過程で、より甘味を付けられる親水性物質のカプセル化ができ、さらに直径1ミリメートル以下のマイクロカプセル化もできるようになり、食品や医療品など幅広い分野で応用できるようになりました。

シームレスカプセルを使用した液体仁丹は、日本での販売は終了したが、タイでは「JINTAN NUDE」の名称で販売されている
シームレスカプセルを使用した液体仁丹は、日本での販売は終了したが、タイでは「JINTAN NUDE」の名称で販売されている

小口 それが、ビフィズス菌のサプリに使われている「ハイパープロテクトカプセル」ですか。

森下 腸溶性のカプセルです。ビフィズス菌や乳酸菌は胃酸に弱く、生きたまま腸まで届きにくい。そこで、胃酸で溶けない耐酸性のカプセルを開発しました。しかしそれだけでは消化されずに体から出てしまうので、胃酸では溶けないけれど腸で溶けるように作られています。

小口 薬の効果を体内の狙った場所で発揮させるDDS(ドラッグ・デリバリー・システム)の考え方ですね。それに有効なカプセル技術を持っている。

森下 カプセルを多重構造にして、異なる物質を段階的に放出させることも可能です。例えば、外の成分は口の中で溶かし、中の成分を胃で溶かすことで、口臭と胃が原因の臭いに2段構えで対策できます。食品では、食べている途中で異なるフレーバーに変化させたり、味を長持ちさせたりする効果があります。以前に他社さんが販売していたガムにも採用していただきました。海外の食品メーカー、香料の供給メーカーにも採用されています。

小口 かんでいると途中で味が変化するガム、ありましたね。あれは森下仁丹のカプセル技術によるものだったのですね。

カプセル技術を使用した「鼻・のど甜茶飴」(右)。2013年に一度販売を終了したが、愛用者から要望が多くよせられ再販された。左は「芯・から生姜飴」。カプセル技術は使用していないが、辛さが人気を呼び、入荷してもすぐ品切れになる状況が続いている
カプセル技術を使用した「鼻・のど甜茶飴」(右)。2013年に一度販売を終了したが、愛用者から要望が多くよせられ再販された。左は「芯・から生姜飴」。カプセル技術は使用していないが、辛さが人気を呼び、入荷してもすぐ品切れになる状況が続いている

小口 仁丹を液体にしようという挑戦が、会社を支える技術につながったわけですね。実際に、そのカプセル技術を使ったビフィズス菌サプリの評判はどうでしょう。お通じなどの効果はそんなに実感できるものですか?

森下 お通じは、他のお悩みより効果を実感しやすいでしょう。効果を実感してもらえれば継続購入につながるし、周囲の人に紹介してもらうことにもつながります。ヨーグルトなどの食品と一緒に摂取するという考え方もあります。このカプセル技術は雪印メグミルクさんの「恵 megumi ビフィズス菌SP株ヨーグルト」にも採用されているんです。

小口 なんと!

【意識低いポイント】「効果を実感してもらえれば継続購入につながるし、周囲の人に紹介してもらうことにもつながります」
「体脂肪が燃えてくれたら」「食べた糖質を少しでもなかったことにできれば」は、消費者の意識低い欲求。サプリメントや健康食品は、宣伝すれば売れる商材だと思われがちだが、使ってみて効果を実感できなければリピーターになってもらえないし、口コミで周囲に広めてもらうこともできないだろう。

森下 通信販売事業が好調なのは、「仁丹」の名前のおかげでもあります。お客さんは年配の方が多いので、仁丹の名前で大丈夫と思ってもらいやすい。だいぶ高いげたを履かせてもらっていると思います。通信販売を始めてから30年になりますが、皆さんが仁丹を知ってくださっていたおかげで、早くから軌道に乗せることができました。

小口 最初からブランドの認知度が高かったことが有利に働いたわけですね。それも、先にうかがった、仁丹の発売当初から広告に力を入れてきたことが効いていそうですね。

汎用マイクロカプセルの見本。粒子サイズは0.1ミリメートルから8ミリメートルの間で自由に調整可能。用途や要望に合わせて様々な材料、サイズ、色などの選択肢を用意している
汎用マイクロカプセルの見本。粒子サイズは0.1ミリメートルから8ミリメートルの間で自由に調整可能。用途や要望に合わせて様々な材料、サイズ、色などの選択肢を用意している

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する