1981年に誕生し、2021年に40周年を迎える赤城乳業(埼玉県深谷市)のアイス「ガリガリ君」。今や国民的アイスと言っても過言ではないが、品薄騒動や大赤字に値上げと、その歩みは決して平たんなものではなかった。失敗をも糧にガリガリ君を成長させてきた立役者、萩原史雄さんを小口氏が直撃する。

赤城乳業 開発マーケティング本部 副本部長 マーケティング部 部長 萩原史雄さん。1995年入社。営業を経て、2004年営業統括部(マーケティング担当)に。06年にはキャラクター「ガリガリ君」のマネジメント業務を行うガリガリ君プロダクションを設立
赤城乳業 開発マーケティング本部 副本部長 マーケティング部 部長 萩原史雄さん。1995年入社。営業を経て、2004年営業統括部(マーケティング担当)に。06年にはキャラクター「ガリガリ君」のマネジメント業務を行うガリガリ君プロダクションを設立

新工場を建設するも品薄騒動に

⼩⼝覺(以下、⼩⼝) 赤城乳業は2010年に、埼玉県本庄市に工場を新設します。

萩原史雄さん(以下、萩原) 1本60円(当時)のアイスを売るために約200億円の投資をしました。10年はサッカーワールドカップ南アフリカ大会の年で、JFA(日本サッカー協会)やアディダスとコラボして、パッケージのガリガリ君にサッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のユニホームを着せた商品を販売しました。街頭で紙製のうちわを配布して、「うちわとガリガリ君で日本の暑い夏を乗り切ろう」というキャンペーンも展開しました。この年は記録的な猛暑で、うちわとガリガリ君だけでは、とても乗り切れないほどでしたけど(笑)。

2010年2月竣工の「本庄千本さくら『5S』工場」。5Sは整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)の頭文字Sをとったもの。工場見学も人気だが、21年4月現在は新型コロナ感染症拡大の影響により一時休止している
2010年2月竣工の「本庄千本さくら『5S』工場」。5Sは整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)の頭文字Sをとったもの。工場見学も人気だが、21年4月現在は新型コロナ感染症拡大の影響により一時休止している

小口 この年に年間3億本を突破します。

萩原 10年は、アイス市場全体が前年比で1%しか伸びなかったのに、ガリガリ君だけは37%も伸びたんです。しかし売れすぎて品薄騒動が起こり、メディアから批判されました。情報番組の中で謝罪会見をしたほどです。

小口 謝罪するようなことだった?

萩原 この頃から“品薄商法”という言葉がネット上で広がり始めて、ガリガリ君が品薄になったのは、わざとじゃないのかと。わざとではなかったのですが、説明しても理解してもらえなかった。新工場をフル稼働させて生産していたのですが。

小口 翌11年は30周年の年でした。

萩原 この年は、企画をたくさん打ちました。ガリガリ君には多くのファンがいるので、アイスという商品を超えたニュースを生み出すプラットフォームとして、大規模なイベントや映画コンテンツにも参加しました。例えば「ラーメンの後にガリガリ君を食べよう」という、新しい食習慣を提案するイベントを東京ラーメンショーで実施しました。するとラーメンを食べた人の5人に1人、2万5000人以上がガリガリ君を食べてくれた。結果、11年には販売本数3億9000万本を達成しました。