千葉県のローカル私鉄ながら全国区の知名度を誇る銚子電鉄。前回は、その屋台骨「ぬれ煎餅」を見てきたが、今回はスナック菓子「まずい棒」の誕生秘話やダジャレ尽くしのイベント列車と映画製作について。自ら電車の運転までこなす銚子電気鉄道の竹本勝紀社長を、小口氏が直撃する。

竹本勝紀社長。1962年(昭和37年)、千葉県木更津市生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。千葉県内の税理士事務所勤務の後、2009年に竹本税務会計事務所を開設。05年より銚子電気鉄道顧問税理士、08年社外取締役、12年代表取締役に就任。銚子電気鉄道は社員数30名。主業は米菓製造業で、18年度の売上高は約5億1500万円
竹本勝紀社長。1962年(昭和37年)、千葉県木更津市生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。千葉県内の税理士事務所勤務の後、2009年に竹本税務会計事務所を開設。05年より銚子電気鉄道顧問税理士、08年社外取締役、12年代表取締役に就任。銚子電気鉄道は社員数30名。主業は米菓製造業で、18年度の売上高は約5億1500万円

本当にまずくしたかもしれなかった「まずい棒」

小口: ぬれ煎餅の次に収益をもたらしているのは?

竹本勝紀さん(以下:竹本): もちろん切符……、ではなく「まずい棒」です。1年2カ月で120万本以上買っていただいた。まずい棒がなければ、銚子電鉄は潰れていたでしょう。アイデアを出してくれたのは、「離婚式」や「涙活」で有名な文筆家の寺井広樹さん。彼と知り合ったのは、外川駅(銚子電鉄の終点)の駅名ネーミングライツがきっかけです。

「まずい棒」は2018年8月3日(破産の日)に販売開始。「コーンポタージュ味」と「チーズ味」「ぬれ煎餅味」の3種類
「まずい棒」は2018年8月3日(破産の日)に販売開始。「コーンポタージュ味」と「チーズ味」「ぬれ煎餅味」の3種類

 命名権を購入してくれた千葉県松戸市の住宅メーカー、早稲田ハウスが社名や商品名ではなく「ありがとう」と命名してくれたんです。そして、ありがとう駅誕生のニュースを見て寺井さんが会社に電話をしてきたんです、「全米感涙協会の寺井と申します。ありがとう駅を “感涙駅第1号”に認定させてくれ」と。訳が分かりませんよね(笑)。

小口: 全米が泣いた、ってやつですか?

竹本: 話を聞いてみると、涙を流せる映画などを表彰する団体ということで、過去には映画『蜩ノ記(ひぐらしのき)』に主演した俳優の役所広司さんなども表彰されている。2016年3月9日(サン・キューの日)に外川駅で感涙駅認定のイベントを行うことになりました。それをきっかけに、寺井さんに「お化け屋敷電車」などの企画をお願いすることになったんです。

 そして付き合いが深くなる中で、「まずい棒をやりたいんです」と打ち明けられた。最初はピンときませんでした。だって、まずかったら売れないじゃないですか。とはいえ、いろいろアイデアは出しました。清水義範さんの短編小説に『全国まずいものマップ』という、架空のまずいものを紹介していくものがありますが、そこに原材料が“牛のよだれ”というのがあって、それはどうだろうとか。「商いは牛の涎(よだれ)」ということわざもあるし、うちも細く長くやっていければと真剣に検討したこともあったのですが、やっぱり売れないだろうと。

小口: 買わないです。

竹本: 寺井さんも困っちゃって、「思い切って無味無臭はどうでしょう」なんて迷走した末に、いったん話は立ち消えになった。ところが、味自体をまずくするのではなく、「経営がまずい」という言い訳はどうかとひらめき、一気に商品化への道が開けました。

【意識低いポイント】「話を聞いてみると」
企業には怪しい問い合わせや依頼が多数来るものだが、とりあえず話を聞いてみたところから、結果的には「まずい棒」のヒットが生まれた。一様に門前払いにしないオープンな姿勢がチャンスにつながったと言えよう。

小口: パッケージには漫画家の日野日出志先生によるキャラクター。鉄道ファンで知られるタレント、中川礼二さんに似てると話題になりました。

竹本: これは私がモデルなんですが、原案ではもっと目が血走っていて怖かったんです。かみさんや娘に絶対嫌だと言われて、やさしくしてもらったんですよ。

小口: 日野先生はホラー漫画家ですから、怖いのが正しい気もしますが、結果的に礼二さんに似て話題になったから正解ですかね。しかし、パクリだと訴えられそうな、ぎりぎりの線を攻めますね。

竹本: もう、怒られてばかりですよ。OKをもらったところはないな。

小口: 怒られてナンボだと。

竹本: この年末(19年12月18日)には、「スーパーまずい棒」を販売します。開けてみるとカビのような緑色をしたまずい棒です。見るからにまずそうですが、食べてみると炭火地鶏味。目を閉じて食べるとおいしいので、キャッチコピーは「目を閉じて食べなよ♪」。

小口: 顔はやつと違うから……って、ロックバンド BARBEE BOYS(バービーボーイズ)の「目を閉じておいでよ」からですよね。

竹本: 味はあのおやつと違うから……。いくらで売ろうか悩みましたが、結局15本入り690円(税別)にしました。ロックな値段ですね。

小口: パッケージは日野先生の描くバンドマン。これは怒られなかったのですか?

竹本: それがですね、TwitterでBARBEE BOYSの公式アカウントがリツイートしてくれたんですよ。初めて我々のパクリを認めてくれたのが BARBEE BOYSです。年明けに国立代々木競技場でコンサートがあるので乱入しようかなと。

小口: 社長、いつもをしのぐ熱い息づかいのようですが、それは公認とは言えないです。ステージからまずい棒が客席に投げられることを祈ってます。

19年12月18日から販売される「スーパーまずい棒」15本セットで690円(税別)
19年12月18日から販売される「スーパーまずい棒」15本セットで690円(税別)
これも非公認の“パクリ”商品「バナナ車掌のバナナカステラ」。パッケージのイメージは「幸せの黄色いバナナ」。バナナ健に「自分、甘党ですから…」と言わせている
これも非公認の“パクリ”商品「バナナ車掌のバナナカステラ」。パッケージのイメージは「幸せの黄色いバナナ」。バナナ健に「自分、甘党ですから…」と言わせている