前回に引き続き、ネットざわつかせる新興家電メーカー・ライソンを紹介する。今回は新製品の「秒速トースター」の開発の背景や工場を持たないことのメリットなどについて小口氏が山俊介社長と開発担当者の甲斐大祐氏に直撃した。

1分かからずトーストが焼ける「秒速トースター」
1分かからずトーストが焼ける「秒速トースター」

高級食パンを秒速で焼くトースター

小口: 58秒でトーストが焼ける「秒速トースター」のクラウドファンディングが始まりました。これは、どなたの企画ですか?

山俊介さん(以下:山): オーナーですね。毎週月曜日に会議があるんですが、そこで「1分で焼けるトースター作れや」と。バルミューダさんはじめ、高級トースターがある中、うちらが作るとなると、とにかく速く焼けるのがいいんじゃないかというコンセプトです。秒速にしたのはシロカさんが1分で焼けるトースターを出したので、1分を切るようにしました(焼き目4で1枚目58秒、2枚目43秒、3枚目38秒)。

小口: 秒速という表現が強くていいですね。

山: 格闘技も1分切ったら「秒殺」と言うじゃないですか(笑)。ポップアップトースターにしたのは、熱源が近くてスピードアップに有利だからです。高級食パンは水分が多く、普通のトースターでは焼き切れないこともある。もう1つ、高級食パンは耳が軟らかいのが特徴で、ポップアップトースターだと耳に加わる熱を調整できるので、硬くならない。

クラウドファンディングの「Makuake」で公開翌日には支援額が100%を突破
クラウドファンディングの「Makuake」で公開翌日には支援額が100%を突破

小口: 一般的なポップアップトースターでは2~3分かかるので、それにしても速い。

甲斐大祐さん(以下、甲斐): 秒速トースターでは、通常2枚焼きのポップアップトースターの熱(850W)を1枚に集中させています。このまま2枚焼きにすると、日本の家庭では使用可能な1500Wを超えるので、1枚焼きにしました。

山: 最高400度と、魚焼きグリルぐらいの温度を出しているので、1秒2秒で焼き目の濃さが変わる。パンを焼きまくってきれいに焼き目が付くよう、それはもう何百枚もパンを焼きまくって根性で微調整していきました。

小口: 最後は根性なんですね。

最高温度400度以上と魚焼きグリル並みの高火力のクロムヒーターを搭載し、パンの表面だけを効率的に焼くことができる。水分の蒸発量を4%に抑えることで、高級食パンのもっちり感を残しつつ、外側をサクッとした歯ごたえにしたという
最高温度400度以上と魚焼きグリル並みの高火力のクロムヒーターを搭載し、パンの表面だけを効率的に焼くことができる。水分の蒸発量を4%に抑えることで、高級食パンのもっちり感を残しつつ、外側をサクッとした歯ごたえにしたという