ほとんどのメニューが1皿100円台の立ち飲み「晩杯屋」。前回はその安さの秘密に迫ったが、今回は店舗のオペレーションや消費税増税への対策などを、小口氏が運営元のアクティブソース(東京・品川)に直撃した。

前回に引き続き「晩杯屋」の秘密を明らかにする
前回に引き続き「晩杯屋」の秘密を明らかにする

立ち飲みならではの「場を荒らさない」ルール

小口: 晩杯屋では1皿の分量が多すぎず、1人で多くの種類の料理を楽しみつつ料金を抑えられます。

池本圭さん(以下:池本): 390円の唐揚げが量の割に安くても、食べきれない量だったら意味がないじゃないですか。180円ぐらいで売ったほうが次の皿に食指が動くので、たくさんの料理を食べられる。

 平均すると、お客さん1人あたりアルコール3杯、料理4品、よく飲むお客さんで5杯飲んで料理3品、あまり飲まない方で2杯4品ぐらい。金額的には1300円程度が平均です。その金額で、家に帰って食事するのと同じ程度の満腹感がある。そのスタイルは崩したくないですね。

小口: こないだ夫婦でそれなりに飲んで食べてジャスト3000円。普通の居酒屋の半分ぐらいの感覚。

筆者が夫婦で利用したときの写真。これに料理を2品追加、アルコールを3~4杯飲んで、お会計は2人でジャスト3000円だった
筆者が夫婦で利用したときの写真。これに料理を2品追加、アルコールを3~4杯飲んで、お会計は2人でジャスト3000円だった

池本: その分、来てもらう回数を増やしていただければうれしいです。

小口: 平均の滞在時間は。

池本: 平均値を取ると、お1人様35分ぐらい、2名様だと45分~50分。

小口: やはり、1人だと「さくっと」ですね。先日、おばちゃんが4人で来ていておしゃべりしながら飲まれてましたが、座り席だと3時間ぐらいはいたはずです(笑)。

池本: ずっと店内のテレビを見られているお客さまもいます。相撲の千秋楽の日とか。

小口: テレビがあるのは、1人でも間(ま)が持つのでいいですね。客層は。

池本: 立地によって色々ですね。ビジネス街だとビジネスパーソンのほうが多く、商店街だと早い時間は年配の方が目立ちます。本当にさまざまな方がいらっしゃいます。芸能人の方でご利用なさる方もいらっしゃるそうですし。

小口: 出店に当たって立地のポイントは。

池本: 周辺人口・乗降客数はキーポイントです。収入が少ないから安い店に行く、収入が多いから高い店に行くという感覚は減ってきているように思います。

小口: 昭和ならデートで立ち飲み屋に連れて行ったら嫌われたはずですが、今はそんなことはない。実際に女性客も多いですし。お店も安心して飲める環境を提供している。

鈴木悠理さん(以下:鈴木): 暴言や暴力は一切禁止です。他のお客様の迷惑になる行為には厳しく対応して、その場で出入り禁止にします。

小口: 「カウンターへの肘付き禁止」「著しく飲まない・食べないお客様は退店」といったルールもあります。なぜ肘を付くのはダメなんですか。

池本: 肘を付くと自然と態度が悪くなりがちです。一般的にカウンターの高さは110センチメートルほどですが、晩杯屋では肘を付きにくいよう少し低く、90センチメートルほどになっています。

小口: 人間工学的に肘付きを防止している(笑)。

池本: お客さんにしっかりマナーを守ってもらうのは赤羽の「いこい」さんから受け継いでいます。

小口: 同じ赤羽の「まるます家」さんも酔っ払い入店禁止ですよね。とはいえ、私は以前3軒目ぐらいでも入れてもらえましたけど(笑)。騒いだり暴れたりしそうな客を防止するためのルールなんでしょうね。晩杯屋はそこまで厳しくない。他にルールは。

池本: どうしても少人数のオペレーションなので、食べたいものが決まってからオーダーする、品数が多い場合は注文票に書いてもらう、食べ終わったお皿は上に上げてほしい、などですかね。ルールというよりも、お願いですね。

ルール(お願い)が書かれた張り紙
ルール(お願い)が書かれた張り紙
【意識低いポイント】「晩杯屋では肘を付きにくいよう少し低く、90センチメートルほどとなっています」
赤羽などの立ち飲み屋さん由来のルールに加えて、物理的にできなくする工夫。結果、お店の雰囲気が良くなり、さらにぎちぎちにルールを厳しくしないことで、立ち飲み初心者、老若男女が利用しやすくなっている。