ほとんどのメニューが1皿100円台の立ち飲み「晩杯屋」。2009年に1号店がオープンし、19年で10周年を迎える。現在は「丸亀製麺」などを運営するトリドールホールディングスの傘下に入り、東京・神奈川に49店舗を展開するほど急成長。その安さの理由を、小口氏が運営元のアクティブソース(東京・品川)に直撃した。

大井町店で取材後の1杯
大井町店で取材後の1杯

創業者は自衛隊出身で角打ちの名店で修業

小口: 「意識高い系」というフレーズがネットでよく見られます。そんな意識高い系の人々に支持されたものの、あまり売れなかった製品やサービスは多く、逆に難しいことは考えていないような「意識低い系」の人々の支持からヒットが生まれている――。この連載は意識低い系の考え方のほうがヒットを生むという仮説を検証するために私、小口がさまざまな分野の企業を取材します。

 今回は晩杯屋さんにお邪魔しました。少し前、最寄り駅の近くに晩杯屋ができて、利用するようになったのですが、お客さんが老若男女でびっくりしました。昔は立ち飲みというと、完全におっさんだけのディープな世界でした。立ち飲みが、ここまで広まった理由はどこにありますか。

池本圭さん(右)アクティブソース取締役 副社長。鈴木悠理さん(左)アクティブソース人事総務部部長。取材はセントラルキッチンを兼ねた南東京オフィスで行われた
池本圭さん(右)アクティブソース取締役 副社長。鈴木悠理さん(左)アクティブソース人事総務部部長。取材はセントラルキッチンを兼ねた南東京オフィスで行われた

池本圭さん(以下:池本): 立ち飲みの良さは、1人で気兼ねなく入れて、1杯だけ飲んで帰れる気楽さじゃないでしょうか。これが居酒屋だと、チューハイを1杯だけ飲んで帰るのは心理的に難しいし、お店側は接客で怒らせてしまったのかなと思いますよね。

小口: 昨今の“ちょい飲み”ブームにもハマった創業者の金子さん(金子源さん)は、自衛隊出身で、赤羽にある立ち飲みの有名店「立ち飲みいこい(以下、いこい)」で修業されたとのことですが。晩杯屋を創業した理由は。

池本: 自衛官は24時間勤務の後、3日間休日というような特殊な勤務形態で、しかも勤務地がへき地だったりするので、休日には酒を飲むぐらいしか楽しみがなかったそうです。しかし、1人で気軽に飲んで帰れる、入りやすい店が少ないと思っていた。

 自衛隊を退職してレインズインターナショナル(横浜市、牛角などを運営)に転職、そこで飲食における仕入れの重要さに気づき、青果市場や水産関係の会社で働きながら、独立資金をためた。そして、知り合いのつてをたどって「いこい」で修業をさせてもらったという流れです。1人で気軽に飲める店をやりたいという金子さんの思いと立ち飲み屋という業態がマッチしたんですね。

小口: 「いこい」さんは、もともと角打ち(かくうち)といって、酒屋で買ったお酒をそのまま飲める店。ディープな文化で、チェーン展開すると想像した人はいなかったのではないでしょうか。武蔵小山に1号店をオープンし、直営店を24店舗まで広げた段階で、トリドール傘下に入りましたが、その理由はさらなる多店舗展開を見据えてのことですよね。

晩杯屋の大井町店。こうした味のある店から、キレイめの店までいろいろだ
晩杯屋の大井町店。こうした味のある店から、キレイめの店までいろいろだ
立ち飲み席。テーブルの下に大きな荷物置き場がある店もあり、荷物を持った帰宅途中でも使いやすい
立ち飲み席。テーブルの下に大きな荷物置き場がある店もあり、荷物を持った帰宅途中でも使いやすい

池本: トリドールの社長が晩杯屋の業態を深くご理解されていたことも大きかった。個人的にも使っていただいていたようです。

小口: 池本さんは最初から晩杯屋での勤務ですか?

池本: 僕はもともとトリドールで営業の部長をしていまして、アクティブソースがグループに入ったときに、転籍して取締役として入社いたしました。飲むのが好きだったので白羽の矢が立ったのかもしれませんが。

小口: キャラ的にということですね(笑)。

池本: 僕も晩杯屋はよく使っていました。最後のほうはただ単純に好きだったから行っていただけですが、これで成り立っているということは、すごい業態だなと。

小口: プロの目から見ても晩杯屋のビジネスモデルは不思議だった?

池本: 計画的に食材を確保しているならすごいですし、その都度仕入れた食材でこの店舗数を回しているなら、それもまたすごいなと。「どうやっているんだろう」とはずっと思っていました。