『ブスのマーケティング戦略』(文響社)という強烈なタイトルの本が話題になっている。自ら表紙に大きく顔を載せている著者・田村麻美氏に、この連載の書き手『ちょいバカ戦略』(新潮新書)の小口覺がインタビュー。ブス×バカ対談から、個人の生き方や商品づくりに役立つヒントが見える?

田村麻美氏:税理士・TRYビジネスソリューションズ代表取締役社長。“東京都足立区でいちばん気さくな税理士”として税理士業務やコンサルタントを行う。著書『ブスのマーケティング戦略』(文響社)では、自らの性欲をも赤裸々に語りながら、見た目のコンプレックスを抱える人が幸せになれる戦略を説く。
田村麻美氏:税理士・TRYビジネスソリューションズ代表取締役社長。“東京都足立区でいちばん気さくな税理士”として税理士業務やコンサルタントを行う。著書『ブスのマーケティング戦略』(文響社)では、自らの性欲をも赤裸々に語りながら、見た目のコンプレックスを抱える人が幸せになれる戦略を説く。

私の「ブス」は自虐ではない

小口: 本を出されたタイミングで、テレビドラマ『ちょうどいいブスのススメ』のタイトルが批判され、『人生が楽しくなる幸せの法則』という無難なものに変更されました。女性が自分をブスと自虐的に言うのも許されない時代になるのでしょうか。

田村麻美氏(以下、田村): 炎上するぐらい本が売れたらいいなとは思っていましたが、私の「ブス」は自虐じゃないんですよ。

小口: えっ?

田村: 客観的に自分を商品として捉えたときに、冷静に見ても見なくても美人ではなく「ブス」であり、どうやったら自分を選んでもらえるかを考えて生きてきました。謙虚と自虐は紙一重かもしれませんが、私自身としては自虐じゃないんですね。ただ、冷静に自分を「商品」としてみて、どうやったら売れるかを考えただけ。どちらかと言うと「意識低いようで高い系」の本だと思います。

小口: 確かに、中学の時に勉強を頑張って進学校に進んだり、税理士の資格を取ったり、最近では早稲田大学のビジネススクールに通われるなど、基本意識は高いですよね。その意識の高さと「ブス」という言葉のギャップがすごい。

田村: そこは本を書いているときから賛否が分かれると思っていました。2018年の4月に山崎ケイさんの『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)が書籍で出て、Amazonのレビューがあまりよくなかったんですよ。本を読まないで書いている人がほとんどだと思うのですが、「ブスという言葉を使うな」というコメントが多くて、ブスという言葉に嫌悪感を抱く人がいっぱいいるんだなと思い知らされました。

小口: 実にレビューの41%が星1つ!(2019年3月20日時点)

田村: 私の本に最初に付いたレビューも、星1つでした。一生懸命生きているにもかかわらず、なんで自分をブスと言うのかと怒られました。

小口: 確かにブスってキツイ言葉ですけど、言葉を言い換えればいいんでしょうか。海外ドラマの『アグリー・ベティ』(※米ABCで放送されたテレビシリーズ)は英語だからか怒られていませんが。

田村: 例えば「自分に自信がない人のためのマーケティング」だったら批判されなかったでしょうけど、私は自信がないポイントが顔面だったので。この本は、容姿に自信がなかった、 今も別に好きではないですけど、将来自分はどうなるんだろうって不安でいっぱいだった小中学生時代の自分に向けて書いた本なんですよ。