愛があればフリー素材

岩下: ほかにもグッズやコラボ商品、あるいは外食産業とのコラボなど、お客様の声を拾い上げて実現したものは数え切れません。ファンの声は本当に宝の山です。こちらから求めなくても、お客さんの側から、「こんなことやってみてみたい」な声がかかる。それら自然に湧き上がってくる声をすくい上げることをやっている。

小口: お客さんがマーケター。

岩下: もちろん自分たちがやりたいこと、できることが先にあるのですが、日々見ているお客様の声の中に、同じような思いがあると、それは実現の大きな推進力になります。すごく喜んでくださるお客様が、少なくとも1人はいらっしゃるのですから!

 僕自身に立派な発想力があるわけではないし、お客さんの声で教えてもらったことが多いです。そうそう、ディズニーランドからアイデアを拝借したものもありますよ。

小口: ディズニーですか……(警戒感)。

岩下: 「新生姜の部屋」は、ディズニーランドの「トゥーンタウン」にあるミッキーの家やミニーの家がモチーフですよ。サンリオピューロランドの「キティちゃんのおうち」でもいいけど。

撮影スポットとして知られる「新生姜の部屋」
撮影スポットとして知られる「新生姜の部屋」

小口: 新生姜のキャラクターがベッドに入っていて、ラブラブなツーショット写真が撮れる。ネットでもかなりバズりました。言われてみれば、テーマパークに共通するアイデアではありますね。インパクトが強過ぎて、ディズニーランドからインスパイアされたと思う人は少ないでしょうが。

岩下: ここでやったら別のものになりますから。新生姜でやったら新生姜になるじゃないですか。

小口: キャラ立ちすれば勝ちということですかね。ちなみに、このベッドにいる岩下の新生姜はオス、メスどちらですか?

岩下: それは微妙……。まぁ、オスじゃないですか(笑)。

小口: 社長からオスいただきました!

岩下: ただ、まねから出発しても、どういう価値になるだろうかという見定めだけはきちんと考える必要はあります。似たようなことをしても、泥棒のようなパクリもあれば、逆にここにしかないオリジナルな価値に変化する場合もある。受け取られ方は、全然違いますね。

小口: その違いを分けるものは?

岩下: 愛情があるかないか、ですかね。ちなみに飲食店などのコラボでも、愛があれば岩下の新生姜はフリー素材として扱っていただいていいことにしています。

小口: ラーメン店さんが、岩下の新生姜をトッピングしたメニューを出すような例ですね。あれ、勝手にやっちゃっていいんですか?

岩下: 基本的に愛情を持ってくださっているならばOKです。もちろん、悪意をもってパクろうとする相手には厳しく対処しますが、岩下の新生姜で知財関係のビジネスをしようとは思っていません。むしろ露出が増えることで商品に関心を持ってもらえればいいので。

小口: 知財といえば、岩下の新生姜をネタにしたイラストなどのファンアートもたくさんミュージアムには飾られています。中には、これいいの?と思うのもありますが、企業としてはかなり鷹揚ですよね。

岩下: 固定のイメージを大事にするタレントさんじゃないので、イメージが転がっていくのは歓迎です。煮て食おうと焼いて食おうと好きにしてくださいという位置づけにしています。

 なぜなら、岩下の新生姜だけは、従来の漬物のイメージから解放してあげたいのです。ミュージアムのカフェメニューも、漬物的な提案はほとんど入れていません。ご飯と味噌汁と焼き魚に岩下の新生姜盛り放題みたいなメニューはない。ピザやハンバーグ、カレーなど、そういう形に変化させなければ漬物のままですから。

小口: コラボ商品も、餃子やビール、ポテトチップスなど、もはや漬物というよりは、何でも「岩下の新生姜味」になる鉄板素材のような印象です。

岩下の新生姜の漬け液をペットボトルで販売する自販機もここだけ
岩下の新生姜の漬け液をペットボトルで販売する自販機もここだけ
売店には、岩下の新生姜はもちろん、各種コラボ商品が並ぶ
売店には、岩下の新生姜はもちろん、各種コラボ商品が並ぶ