人気アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」を手がけるゴールドウインの研究開発施設「テック・ラボ」。最先端の研究設備だけでなく、ノースの最上級ラインの生産拠点も同居する同施設の狙いは、開発から生産、販売まで手掛ける同社の強みを引き上げることにあった。

ゴールドウインが富山県小矢部市に開設した研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」
ゴールドウインが富山県小矢部市に開設した研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」

 富山県西部に位置する小矢部市。ここにノースの商品開発を支える“秘密基地”がある。ゴールドウインが創業の地に開設した研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」(以下、テック・ラボ)だ。

テック・ラボはゴールドウイン創業の地にあるゴールドウインテクニカルセンターの1階にある
テック・ラボはゴールドウイン創業の地にあるゴールドウインテクニカルセンターの1階にある
テック・ラボの中央にはゴールドウインの製品開発の歴史を象徴する機械・製品を展示
テック・ラボの中央にはゴールドウインの製品開発の歴史を象徴する機械・製品を展示

 ワンフロアで約1000坪あるスペースに、3次元計測装置を備えたスキャナー室やさまざまな気象条件を人工的に再現して製品テストを行う人工気象室、モーションキャプチャーによる動作測定が可能な運動研究室など、最先端の設備がそろう。

3次元計測装置を備えたスキャナー室
3次元計測装置を備えたスキャナー室
雨が降っている状況を人工的につくり出す人工降雨室
雨が降っている状況を人工的につくり出す人工降雨室
運動研究室ではモーションキャプチャーによる動作測定が可能
運動研究室ではモーションキャプチャーによる動作測定が可能

 「テック・ラボはスポーツを通じて人間が人間らしくあるためにはどうすればいいかを追求するための施設。『走る』『跳ぶ』『泳ぐ』『登る』などさまざまなスポーツの動きが人間のどんな機能がベースになって行われているかをきちんと理解し、足りないものは何か、要求されているものは何かを体系的に分析・整理して新しいアイデアに結び付けるのが狙い」(ゴールドウインの渡辺貴生副社長)。

 3次元スキャナーで取得した体形データを3DCADに取り込んでパターン設計に落とし込むだけでなく、見た目のシワのシミュレーションまで行う。衣服に当たった空気が衣服内でどのように流れていくかをシミュレーションし、その結果を生かして開発されたのがノースの「スパイラルジャケット」だという。

衣服に当たった空気が衣服内をどのように流れていくかもPC上でシミュレーションできる
衣服に当たった空気が衣服内をどのように流れていくかもPC上でシミュレーションできる
「スパイラルジャケット」は袖の上腕部分のベンチレーションから入り込んだ空気が背中・脇下のベンチレーションへ抜ける構造で、体から発生する熱を効率よく放出するという
「スパイラルジャケット」は袖の上腕部分のベンチレーションから入り込んだ空気が背中・脇下のベンチレーションへ抜ける構造で、体から発生する熱を効率よく放出するという
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>