綾瀬はるかが軽快に踊る2020年8月にリニューアルしたコカ・コーラ ゼロの新CM。前向きなメッセージと音楽の爽やかさも話題になった。19年に3年ぶりに菅田将暉を起用したCMの反響の大きさが、今回の大々的なリニューアルを後押しした。歴代のブランドキャラクターがつないだバトンとは。

コカ・コーラ ゼロのリニューアルCMに出演する綾瀬はるか
コカ・コーラ ゼロのリニューアルCMに出演する綾瀬はるか
今回のキャラクター:綾瀬はるか
■製品:コカ・コーラ ゼロ
■企業:日本コカ・コーラ

<クリエイターズファイル>
■クリエイティブ・ディレクター:北田有一
■企画:木下舞耶、小西慶、櫻井瞭
■アートディレクター:唯井達朗、西山恭
■ストラテジックプランナー:佐藤尚史、前田星平
■プロデューサー:石川竜大
■演出:丸山健志
■撮影:神戸千木
■音楽:Novelbright
■広告代理店:電通

歴代キャラクターがつないだバトン

 「どんなときでも前を向こう」とベランダへ飛び出し、ヘッドホン越しに聴こえる音楽に合わせて軽快なステップを踏む綾瀬はるか。手には新しくなったコカ・コーラ ゼロ。シズルカットの後に「この新しい刺激がきっと力になる」のナレーションが流れる。

 再び踊る綾瀬の前には同じく近隣のベランダでコカ・コーラ ゼロを飲む男性。離れたままでボトルを持ち上げ、乾杯をする2人。シュワッとはじけるシズルカットとともに「新しい時代、新しい後味。」のテロップとナレーション。CM放送直前にメジャーデビューしたばかりのロックバンドNovelbrightのハイトーンボイスが印象的な楽曲「Sunny drop」がCM全体を盛り上げる。

『コカ・コーラ ゼロ 新しい時代』編

 コカ・コーラ ゼロは2020年8月に5年ぶりのフルリニューアルを実施。久々のリニューアルとあって、オンラインで購入すると10%オフになる他、公式アプリ「Coke ON」と連動するなど大々的なキャンペーンを展開した。

 07年6月に発売されたコカ・コーラ ゼロは、「コカ・コーラ」ならではの爽快な飲み味を糖分・カロリー・保存料・合成香料ゼロで作り上げ、これまで成長を遂げてきた。競争が激しい国内の炭酸飲料市場でも、健康志向のある幅広い層に支持され、発売から5年後の12年には、累計販売本数が50億本を突破(日本コカ・コーラ調べ。1本8オンス=約237ミリリットル換算)。これは1秒間に31本という驚異的なペースで売れたことになる。

 歴代のCMキャラクターもそうそうたるメンバーだ。発売直後はちょんまげ侍姿の男性が、炭酸飲料のメインターゲットである男性に向けて「日本の男よ、ためらうな」のキャッチフレーズで認知を広めた。その後、09年の初リニューアルでは、安室奈美恵と中田英寿がコカ・コーラのワイルドさとゼロ系のヘルシーさという相反する価値観を「WILD HEALTH」でアピールし、ファン層を拡大した。

 12年に滝川クリステルと伊藤英明が同じ路線を引き継いだ後、13年には当時のEXILEのメンバー14人全員で「Zero Limit」キャンペーンを展開した。ゼロ系炭酸飲料市場で「売り上げNo.1ブランド」(インテージMBI 11年9月~12年8月 全国・手売りチャネル計)から、さらに高みを目指すと宣言した。

 そして15年のリニューアル時には、「芸能界屈指のコカ・コーラ好き」を自称する中居正広を起用し、コカ・コーラ ゼロとオリジナルのコカ・コーラを飲み比べてどちらかを当てる「#利きコーク」キャンペーンをスタート。見分けがつかないほどおいしくなったことをアピールした。