「ファミマのフラッペ」(19年)。変幻自在な香取の笑顔がファミリーマートの“家族”らしさを唯一無二のものにした
「ファミマのフラッペ」(19年)。変幻自在な香取の笑顔がファミリーマートの“家族”らしさを唯一無二のものにした

ファミマCMで変幻自在の香取慎吾が復活、流れ変えた社長の一言

2019年11月15日
  • ファミリーマートのオリジナル総菜・冷凍食品ブランド「お母さん食堂」の新CMで、再び母親姿になった香取慎吾
  • 「ファミマのあの曲で会話」編。子供にねだられても断るほどのおいしさを自然体の笑顔で表現した
  • 「お母さん食堂」は、ファミマの看板商品ファミチキのCM「ファミチキ先輩シリーズ」を手掛ける福部明浩氏が統合後の新戦略に合わせて17年に作ったブランド。特定のキャラクターはいなかったが、権八氏と香取のタッグでより温かみが増した
  • 店頭ポスターの親しみのある母親姿は一気に浸透した
  • 2年目の「お母さん食堂」では、ファーストサマーウイカと共演。慎吾母の相手役として、号泣→実食→おいしそうに食べる→あっという間に立ち直る……という落差のある芝居を、今最もインパクトを持って表現できる女優は彼女しかいないとオファーしたという
  • 独自のスマホ決済アプリ「ファミペイ」のCM「“香取ファミ平さま御来店”」編では、“ぺ”の文字がデザインされた眼鏡をかけた長髪の“香取ファミ平”が驚きのあまり100センチ伸びたアゴでレジを破壊するというシュールさ
  • 「ファミマのクリスマスケーキ“パパの崩壊編”」(18年)。19年のクリスマスケーキはカタログだけに香取を出演させたが、香取プロデュースのケーキは2週間で完売した
  • 「ファミマのフラッペ」(19年)。変幻自在な香取の笑顔がファミリーマートの“家族”らしさを唯一無二のものにした