公式SNSアカウントは、利用者の増加につれ、企業イメージを左右する重要な役割を担うようになった。拡散性の高いTwitterアカウントの「中の人」の言動は、大きなバズを生み、売れ行きに影響を与えることも……。タニタ、セガ、東急ハンズ、タカラトミー、井村屋、キングジムの6社の「中の人」に、SNSマーケティングを成功に導く秘訣を学ぶ。
  • 第6回
  • 2019.07.18
フォロワー数が500人から1万人超に増えた“奇跡のツイート”
企業公式Twitterアカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。井村屋の第1回目では、2019年のエイプリルフール企画に“参戦”しなかった理由について語ってもらった。第2回は、アカウント開設のきっかけや、フォロワー数を1万人増やした“伝説”のツイートなどについて振り返る。
  • 第5回
  • 2019.07.11
井村屋「中の人」告白 なぜエイプリルフールに参戦しなかった?
企業公式Twitterアカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。東急ハンズに続いて登場するのは、夏場は「あずきバー」、冬場は「肉まん・あんまん」という定番人気商品を持つ井村屋。第1回は、2019年4月1日のエイプリルフールに“参戦”しなかった意外な理由を明かす。
  • 第4回
  • 2019.07.04
炎上を避ける「5S」ルール、対応は迅速・誠実・透明に
企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載のトップバッターはTwitter開設10年を迎える東急ハンズ。第1回は、アカウント開設の経緯や目的、第2回は、企業アカウントの作法10カ条について、第3回はバズったツイート・売れたツイートを振り返った。第4回は炎上回避策と対応について説明する。
  • 第3回
  • 2019.06.28
東急ハンズがなぜ「手羽先」? 否定するほど盛り上がって定番に
企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載のトップバッターはTwitter開設10年を迎える東急ハンズ。第1回は、アカウント開設の経緯や目的について、第2回は、企業アカウントの作法10カ条について説明した。第3回は、バズったツイート、売れたツイートについて振り返る。
  • 第2回
  • 2019.06.20
これが東急ハンズ流「Twitter活用ルール」10カ条だってば!
企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。トップバッターはTwitter開設10年を迎える東急ハンズ。第1回は、アカウント開設の経緯や目的について語ってもらった。第2回は、運用経験から得た知見をまとめた「企業アカウントの作法10カ条」について説明する。
  • 第1回
  • 2019.06.13
「中の人」は中にいちゃダメ! 開設10周年の東急ハンズTwitter
企業の公式SNSアカウントは今や、企業イメージを左右する存在。特に拡散性の高いTwitterは、ツイート1つでバズを生み、バカ売れをもたらす場合も。半面、炎上のリスクも伴う。企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載のトップバッターは東急ハンズ。第1回は開設の経緯や目的について聞いた。

関連特集・連載

定住旅行家ERIKOの地球トレンド
タレントパワーランキング2019
全11回
女性雀士が挑む! インスタフォロワー1万人への道
【PR】ヨーグルトで尿酸値の上昇を抑える