公式SNSアカウントは、利用者の増加につれ、企業イメージを左右する重要な役割を担うようになった。拡散性の高いTwitterアカウントの「中の人」の言動は、大きなバズを生み、売れ行きに影響を与えることも……。タニタ、セガ、東急ハンズ、タカラトミー、井村屋、キングジムの6社の「中の人」に、SNSマーケティングを成功に導く秘訣を学ぶ。
  • 第8回
  • 2019.08.01
「あずきバー」の“エゴサ”から始まるSNSコラボ企画
企業公式Twitterアカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。井村屋の第1回は、2019年のエイプリルフールに参加しなかった理由。第2回はフォロワーを1万人増やした奇跡のツイート。第3回はリスク対策について取り上げた。第4回はTwitterがきっかけになった他企業とのコラボ企画を振り返る。
  • 第7回
  • 2019.07.25
4つのルールでSNSトラブル回避、井村屋「中の人」が実践
企業公式Twitterアカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。井村屋の第1回は2019年のエイプリルフール企画に“参戦”しなかった理由、第2回はフォロワーを1万人増やした“伝説”のツイートについて取り上げた。第3回は、日ごろの投稿に際してトラブルを未然に防ぐために注意していることを聞いた。
  • 第6回
  • 2019.07.18
フォロワー数が500人から1万人超に増えた“奇跡のツイート”
企業公式Twitterアカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。井村屋の第1回目では、2019年のエイプリルフール企画に“参戦”しなかった理由について語ってもらった。第2回は、アカウント開設のきっかけや、フォロワー数を1万人増やした“伝説”のツイートなどについて振り返る。
  • 第5回
  • 2019.07.11
井村屋「中の人」告白 なぜエイプリルフールに参戦しなかった?
企業公式Twitterアカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。東急ハンズに続いて登場するのは、夏場は「あずきバー」、冬場は「肉まん・あんまん」という定番人気商品を持つ井村屋。第1回は、2019年4月1日のエイプリルフールに“参戦”しなかった意外な理由を明かす。
  • 第4回
  • 2019.07.04
炎上を避ける「5S」ルール、対応は迅速・誠実・透明に
企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載のトップバッターはTwitter開設10年を迎える東急ハンズ。第1回は、アカウント開設の経緯や目的、第2回は、企業アカウントの作法10カ条について、第3回はバズったツイート・売れたツイートを振り返った。第4回は炎上回避策と対応について説明する。
  • 第3回
  • 2019.06.28
東急ハンズがなぜ「手羽先」? 否定するほど盛り上がって定番に
企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載のトップバッターはTwitter開設10年を迎える東急ハンズ。第1回は、アカウント開設の経緯や目的について、第2回は、企業アカウントの作法10カ条について説明した。第3回は、バズったツイート、売れたツイートについて振り返る。
  • 第2回
  • 2019.06.20
これが東急ハンズ流「Twitter活用ルール」10カ条だってば!
企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載。トップバッターはTwitter開設10年を迎える東急ハンズ。第1回は、アカウント開設の経緯や目的について語ってもらった。第2回は、運用経験から得た知見をまとめた「企業アカウントの作法10カ条」について説明する。
  • 第1回
  • 2019.06.13
「中の人」は中にいちゃダメ! 開設10周年の東急ハンズTwitter
企業の公式SNSアカウントは今や、企業イメージを左右する存在。特に拡散性の高いTwitterは、ツイート1つでバズを生み、バカ売れをもたらす場合も。半面、炎上のリスクも伴う。企業アカウントの「中の人」が運用の秘訣を語る本連載のトップバッターは東急ハンズ。第1回は開設の経緯や目的について聞いた。

関連特集・連載

本日更新
Japan Expo、コンテンツ海外展開の今
本日更新
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回
【PR】パソコンが育む子どもの可能性
街のマーケティング力ランキング
全5回