地域活性化を狙ったローカルブランディングに乗り出す自治体が増えているが、失敗することも多い。電通でブランディングに関わる仕事を幅広く手掛けてきた若林宏保氏は、行政上の「地域」ではなく、人々が共通の意味を見いだせる「プレイス」をベースにブランディングをすべきだと説く。

若林氏は「キーマンの発掘と彼らによる自走がブランディング成功のポイント」と言う(写真/丸毛 透)
若林氏は「キーマンの発掘と彼らによる自走がブランディング成功のポイント」と言う(写真/丸毛 透)
若林宏保(わかばやし・ひろやす)氏
電通 クリエーティブ・ディレクター
電通入社以来、ブランディングに関する幅広い仕事に従事。2007年より電通地域ブランドプロジェクト abic(アビック)を推進。主な著書に『地域ブランド・マネジメント』(共著・有斐閣)、『プレイス・ブランディング─地域から“場所”のブランディングへ─』(有斐閣)

ローカルブランディングはなぜ成功しにくいのでしょう?

若林氏 ローカルブランディングには、県や市などの行政と企業、市民などが参加しますが、多くの場合、行政主導です。しかし、行政は動画やポスターを制作するのがメインで、方向性を示すことはあまりありません。そのため、企業や市民はバラバラの方向を向きがちになり、1方向に集約することが難しくなります。それが成功しにくい大きな原因と考えています。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する