読売新聞東京本社の原田隼人氏のスライド。昔からスポーツに触れていた経験があり、社会人となって「支える側になりたい」という思いから読売巨人軍に転職。現在は読売新聞に出向し、マーケティングを担当

「中の人」が語る 顧客に長く愛される実践ファンベース

2020年12月28日
  • ファンベースを実践してきた有識者が登壇。左上からモデレーターの日経クロストレンド勝俣哲生副編集長、ファンベースカンパニー社長の津田匡保氏、ファンベースカンパニー創業者で取締役会長の佐藤尚之(さとなお)氏、読売新聞東京本社事業局デジタルコンテンツ部の原田隼人氏、イケウチオーガニック営業部部長の牟田口武志氏
  • 読売新聞東京本社の原田隼人氏のスライド。昔からスポーツに触れていた経験があり、社会人となって「支える側になりたい」という思いから読売巨人軍に転職。現在は読売新聞に出向し、マーケティングを担当
  • ファンミーティング当日は、試合前に選手が実際に食べている食事を用意したという
  • 今治タオルを製作している会社はイケウチオーガニック1社だけでなく、100社以上あるという。その中でもイケウチオーガニックは、安全と環境に最大限配慮した企業。最近はタオル以外にも、日常の生活の拡張でマスクやスニーカーの内側の生地を作るなど、コラボを増やしている
  • 「中の人」が語る 顧客に長く愛される実践ファンベース(画像)
  • 「中の人」が語る 顧客に長く愛される実践ファンベース(画像)