左から、CyberZ RAGE総合プロデューサー 大友真吾氏、プロゲーミングチーム「DeToNator」代表/Owner 江尻勝氏、サッポロビール マーケティング開発部コミュニケーションデザイングループシニアメディアプランニングマネージャー 福吉敬氏
左から、CyberZ RAGE総合プロデューサー 大友真吾氏、プロゲーミングチーム「DeToNator」代表/Owner 江尻勝氏、サッポロビール マーケティング開発部コミュニケーションデザイングループシニアメディアプランニングマネージャー 福吉敬氏

マーケターは「eスポーツ」にどう取り組むべきか 専門家が議論

2019年08月26日
  • 左から、CyberZ RAGE総合プロデューサー 大友真吾氏、プロゲーミングチーム「DeToNator」代表/Owner 江尻勝氏、サッポロビール マーケティング開発部コミュニケーションデザイングループシニアメディアプランニングマネージャー 福吉敬氏
  • RAGEは、「オープン大会」と呼ばれる誰でも無料で参加できるさまざまなタイトルのeスポーツ大会の運営や、幕張メッセ・東京ビッグサイトなど、来場者数が1万人を超えるような「複合イベント」を定期的に開催。「リーグ」では、名だたる企業がスポンサーになり、プロリーグを運営している
  • 東海テレビやAbemaTVだけでなく、Amazonやサンリオもコラボして成果を上げている
  • レバンガ☆SAPPORO。2018年は第1回目の優勝チームとなった
  • DeToNatorの2014年から2019年6月までのストリーム時間
  • DeToNatorの2015年から2019年6月までのライブ配信視聴者数