日経クロストレンドは、会員限定の無料交流イベント「日経クロストレンド・ミートアップ」を開催します。第3回となる6月21日には「プロマーケターが問う 『AIはマーケターの仕事をどこまでできるか』」をテーマに、識者が意見を交わします。

 「人間の仕事がAIに奪われる」などと盛んに言われますが、マーケターの仕事は今後どうなるのでしょうか。

 このトークイベントでは、日本を代表するプロマーケターである富永朋信氏(イトーヨーカ堂 執行役員 営業本部副本部長兼販売促進室長)が、シリコンバレーを拠点に日本企業のAI(人工知能)活用を支援する石角友愛氏(パロアルトインサイトCEO/AIビジネスデザイナー)に対して徹底的に問います。さらにその境界線を知ることで、「AI時代だからこそマーケターに必要なこと、マーケターが今本当にやるべきこと」を明らかにしていきます。

左から、パロアルトインサイトCEO/AIビジネスデザイナーの石角友愛氏とイトーヨーカ堂 執行役員 営業本部副本部長兼販売促進室長の富永朋信氏
左から、パロアルトインサイトCEO/AIビジネスデザイナーの石角友愛氏とイトーヨーカ堂 執行役員 営業本部副本部長兼販売促進室長の富永朋信氏

【開催概要】

日時:2019年6月21日(金) 午後6時30分~午後8時(開場 午後6時)
会場:大手町ファイナンシャルシティ グランキューブ3F グローバルビジネスハブ東京(東京・大手町) ※アクセス
受講料:無料(事前申込制、日経ID登録が必要です)
【お申し込みはこちら】
※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する